--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風のリハビリ ~続けよう 傘の練習完結編~ 59

2015年06月15日 18:43



初めて傘の練習を始めたのは2009年の5月でした。

今年は2015年なので、すでに6年が経ちました。

途中何度かブログに書いてきましたが、完結編として書いておこうかなと思い立ちました。



DSCF2169.jpg
2015年 6月14日 そぼ降る雨の早朝。
でも葉が生い茂った木の下は雨も落ちてこないので、私は山の中に行く道に向かいました。
すると風はそちらには行きたくなかったらしく、行きたくないことを伏せで私にアピールしました。




今でも風にとって、傘は「よく得体の知れない物」という存在だろうと、傘を見る風の態度や表情から想像しています。

故・空もそうだったように、傘に怯えないワンコさんにとっては、傘を差している人が近づいても何でもないことですがww



DSCF2171.jpg
私は風にレインコートを着せてこなかったので、雨にあたらない山の道に行くことを譲りませんでした。
「風ちゃ~ん、今日はこっちにいくよ~」と呼ぶと、風はしぶしぶこちらに来てくれました。
いつもは風の選ぶ道優先なんですけどねww




また、傘の登場する季節がやってきたなと思いながら雨の朝のお散歩をしていたところ、お散歩仲間のおじさんと会いました。

いつも風はこのおじさんに挨拶をしに行くのですが、この日は傘をさしていたのでてっきり行かないものと思い込んでいた私。

ところが風は、おじさんを見てほんの一瞬わずかに腰を引いたものの、その後いつものように挨拶に行きました。

おじさんがさしていたのは、黒くて大きな男物の傘です。

私は内心「ほぉ」と感心しました。

そして、風は、その数日あとのお散歩でも、同じように大きな黒い傘をさしたこのおじさんに挨拶をしにいきました。



DSCF2129_20150615175538d82.jpg
2015年 6月2日 この時期はアカシジミの季節でもあります。



風は、おじさんとは何度も会っていて、

自分には危害を加えない安心できるおじさんとわかっていたからこそ、傘を差していても挨拶しに行ったのでしょうけれど、

やはりその前には何年もの積み重ねがあって、「傘は自分には危害を加えるものではない」という認識ができたのでしょうね。



DSCF2136.jpg
2015年 6月6日 ウラナミアカシジミと風



人にとってはつまらないようなことでも、ワンコにとってはとても大変なことだったりします。

ワンコによっては、すぐに克服できる子もいるでしょうけどできない子もいます。

そんな子には、特に気を配ってあげ続けることが大切なんですね。

そして気を配ることって初めは大変だけど、続けているといつのまにかそれが当たり前になっていきます。

ワンコの慣れの練習と同じように(笑)



DSCF2157_201506151755351f6.jpg
2015年6月14日 いつもクンクンする場所 



ちなみに、今も風のお散歩には傘をさして行きません。

風があまり好きじゃない傘を私がさす必要も感じないし、片手がふさがってしまうことも不便だからです。





最新記事


FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。