--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あっかんべ~

2010年03月26日 23:11

空の目の調子は良くなってきているようです。
ここ数日、涙の量も減りシバシバとすることも少なくなってきました。
目薬が効いている様子です。
でも、傷のある右目の方が左目よりも白く濁って見えます。


DSCF3520.jpg




今日は空を病院に連れて行きました。

空はなぜか少しご機嫌斜めで、診察台に乗ることが嫌だったみたいですが、
先生の診察は静かに受けていました。

傷は小さくなっているそうです。

よかった(´▽`) ホッ

でも、目薬は続けて1週間後にまた診せて下さいとのことでした。





DSCF3523.jpg





目薬を付け始めた初日と次の日は、
空にクーラーの室外機診察台に乗ってもらっての点眼でした。

点眼は1日3回、
いくら目薬を付けるためとはいえ毎日3回診察台に乗ることは、
高いところが嫌いな空には可哀想なことです。


なんでこんな高いところに乗らされるのか、
なんで目にポトッと水をさされるのか、
空はわからないのですから。


以前蜜柑さんのところの鈴ちゃんも目薬の練習をしていましたが、
空も練習をすることにしました。

けれども、目薬はすぐにもささないといけないので、
少し無理を承知での練習と実践の同時進行でした。




DSCF3522.jpg




まずは、毎回目薬を覚えてもらうために、
「空、目薬をつけようね~」と見せたり匂いを嗅がせたりしました。

目薬の匂いを嗅ぐとわかるのでしょうね。
嫌そうに鼻をひくひくとして顔をそむけます。




DSCF3544.jpg




「空、嫌だろうけど我慢だよ。」
診察台に乗せないとかなり嫌がって逃げ腰なので仕方なく顔を押さえます。
「いいこね~、我慢してね~」
空は「アウッ」と言って顔をそむけます。
人間語だったらさしずめ「何するんだよ~」とでも言っているのでしょうか。


頭を私のお腹や脇の下に付けてきて自分の顔を隠します。
目を開けようと手を添えると、
人間の子供がするようにギューっと目を閉じます。

そんな空を、「空~いい子だからね、目薬つけようね。」
「ほら、すぐ終わるから、頑張ろうね~」と励ましながら、
少し可哀想ですが顔を押さえての点眼です。


終われば美味しいささみのスペシャルご褒美と、
「いいこ~我慢できたね。大したもんだ、男の中の男だね。」
ありとあらゆる思いついた褒め言葉。
掻いてあげると空が気持ちよさそうに目を細める脇腹や頭の上や耳の後ろを
たくさん褒めながら掻いてあげます。




DSCF3542.jpg




目薬は2種類×1日3回。
都合6回の点眼ということになります。

嫌いな診察台の上と顔を押さえられるのと、
空にとってどちらがいいのだろうと思いながらの点眼でした。

けれども、回数を重ねるごとに、少しづつ空の態度に変化が見えました。

相変わらず目はギューと閉じていますが。
顔をそむける力が弱かったり、逃げ腰でなくなってきたり。
されるままに、やや力を抜いてくれるようになりました。


そして、1週間後の病院に行く今日などは、
目薬を差す私が楽しくなるほど静かにしていてくれるようになりました。

1度では入らなかった目薬も、殆ど1滴で済むようになりました。

少し乱暴な練習でしたが、
空がこんなふうに短い期間で変わるとは、実際思ってもみなかったことです。




今日も朝から目薬です。




DSCF3545.jpg





「空君 目薬だよ~ あっかんべ~」




DSCF3538.jpg











スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。