--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空病院へ行く

2012年11月10日 23:37



寄る年波に・・・いろいろな意味で逆らってないな~空は(笑)



半年ぶりに行った獣医さんの診察台で診察を受けた空、
お医者さんに唸ってた(!)
「触ったのは誰?何する~?U~U~。」(と唸っているように聞こえた私 笑)

先生は、「目が見えないと不安だよね~、大丈夫だよ~。」と声をかけながら診察してくれました(;^_^A アセアセ・・・

以前の空が静かに診察させてくれていたのを知っているので、
先生の口がら出た言葉でもあると思います。
こういうとき、かかり付けのお医者さんがいて良かったなと思うのでした。


血液検査の結果は、肝臓の数値が非常に悪いものでした。


DSCF6384_20121113070026.jpg


暑くて長い夏が終わって10月に入ったころ、空の食欲にムラがあることに気づきました。
お水は外にいる頃からよく飲むな~と思って見ていました。
家に入れてからは、空の体重の半分以下の風と比べていたので、
まぁこんな量なんだろうと思っていました。

もともと夏になると冬の半分近く食が細くなっていましたし、
他にさして具合の悪そうな様子もなかったので、
毎年のことと、さほど気にも止めていませんでした。
それに夏前の検査では健康な数字ばかりが並んでいましたので。

それでも、年も年ですし少しでも食べてもらおうと、
馬肉・鶏胸肉や砂肝・ヤギミルク・チーズなでトッピングをしてみましたが、
同じものが数日続くと食べなかったりしていました。

そして、7日に、目新しい物だったら食べるかと思いつき、
普段あげたことのない豚の挽肉を水煮して少量トッピングしてあげてみたところ、
とても美味しそうに食べ完食しました。
しかし、夜食べたものを吐いてしまいました。
翌8日は、朝は食べず、
夜オヤツとしてあげているフードをご飯としてあげたところよく食べましたが、
夜中になり吐いてしまいました。
9日は朝は鶏胸肉だけつまみ食いしてフードは食べず、
夜は鶏胸肉とフードを少し食べましたがまた吐いてしまいました。
夜は水も吐いてしまったので10日病院へ連れて行きました。

症状を話したところ、まずは血液検査をしてみましょうということで検査をしたところ、
半年前はなんでもなかった肝臓の数値が非常に悪く出ていたそうです。
他は白血球などは少し高めとはいえ問題ない数値でした。

本来だったら入院する状態らしいのですが、
高齢の空には入院をするほうがストレスになり、
戻って欲しい食欲が戻らないといけないので、
家で薬の投与と少量で数回にわけて食事を与えるように言われました。

夜いつも寝ているベットではなく、
狭くて暗いところを選んで寝ているのでかなり具合が悪いのでしょう。
けれども私には寝ている空に毛布を掛けてあげるくらいしかできません。
とにかく静かに寝かせてあげることが一番いいかと思って空を見ています。





スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。