風のリハビリ~始めました。~22

2013年07月29日 17:37

 

    冷やし中華 始めました。



ではありません。



    クレートの練習 始めました。



です♪



Attachment-11.jpg



車が苦手な風なので、
もしかしたら、すごいスピードで動いて見える外の景色を、
車に乗ったときに見えないようにしてあげたほうが安心するかもしれないと思い、
とりあえずテーブルクロスで目隠ししてみようと思い立ちました。

とは言え、いきなりテーブルクロスを被せて風を怖がらせては逆効果ですから、
このように覆い被せるまで長い時間をかけて練習しました。

始めは、車の座席にさりげな~くテーブルクロスを置くところから、
背もたれに数日かけるだけとか、
細く折りたたんだテーブルクロスを後ろと前の座席の端に掛けておいたり、
間に練習のお休みの日を設けたりしました。

結果は良好です。
あれだけ聞こえてきたパンティングも時間が経つほどに静かになってきているし、
あんまり静かだからそっと覗いてみたら、驚いたことに伏せをしていました。

そこで、この結果をハングアウトの時にEggiさんに話しました。
そして以前から考えていた車に乗せるときにクレートを使うことを相談してみました。



DSCF90112.jpg
羽化したてのアブラゼミを見つけて興味津々に匂いを嗅いでいたら、
セミが突然羽をバタバタとしたもんだから風はビックリ。
風がじゃれ始めちゃったので、「取り替えっこして~」とオヤツとセミを交換してもらいました。




Eggiさんから、安全の面から考えてもワンコさんを車に乗せる時に、
クレートに入っていてもらうことは賛成ですと言われ、
風のクレートに入る練習をすることにしました。

風が家に来てからクレートのような狭いところに入ったことがないので、
嫌がらないように慎重にしていきたいと思っていました。



DSCF9013.jpg
取り替えっこしたセミ。傷ついていなくて良かった。



Eggiさんからクレートの練習の進め方を聞きました。

〈 クレートの練習 〉
3~6か月かけて進めます。

①クレートの中に入れる敷物から慣れの練習。
 敷物の上で遊ぶ
 オヤツを食べる等

②敷物をクレートの入り口の前に置く
 クレートの入り口の前の敷物の上で、遊んだりオヤツを食べたり。

③敷物を徐々にクレートの中に入れる。

④敷物のクレートの中の部分にオヤツを置く。
 置いたオヤツは風に取らせる。

⑤敷物全部をクレートの中に入れてオヤツは中心に置く。
 置いたオヤツは風に取らせる。

⑥風がクレートは自分の部屋と納得してから車に乗せる。



DSCF9040.jpg
葉にしがみついている抜け殻を発見しました。きっとこの子の抜け殻です。



敷物の上でオヤツを食べたりゲームしたり、お昼寝したりしています~♪



[広告] VPS







スポンサーサイト


最新記事