--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風のリハビリ ~ベビーは風の家族だよ~ 43

2014年05月31日 15:05


前回の記事で書き忘れたことがあったので書いておこうと思います。
(Eggiさんにはアドバイスの内容をここに書くことを了承してもらっています。)



DSCF0247_201405311442085b2.jpg
2014年 4月23日 桜沢



前の記事に、「私が仕事に出たあと、風がどうするか少し心配でしたが、

風はずっと寝室にいてベビーが泣いても娘とベビーのいるリビングには入って来なかったそうです。

でも、私が仕事から帰ると、一緒にリビングに入り、ベビーが泣くと吠えていました。」と書きました。

これはベビーが来てすぐのことではなく、3~4日経って風がベビーの存在に少し慣れてきてからの様子です。

初めの3~4日はリビングにいて、ベビーにぴったり張り付いていたそうです。

そして、ベビーの泣き声や、ママ(娘)の動きに吠えたり落ち着かなかったりしていたそうです。



DSCF0271.jpg
2014年 4月26日 大叔父と



もしも、私がいないときは寝室にいるといったいつもの風の行動が、

ベビーが来た翌日のことでしたら、風はベビーの泣き声や周りの大人の反応に対して吠えていたのではなく、

私の行動や私の声に反応していたことになります。



DSCF0299.jpg
2014年 5月5日



ですので、数日経ち風はベビーの存在に慣れたので、

私がいないときはいつものように自分で寝室を選んでいたと考えています。

家族の話では、風は私が仕事や外出をするときはだいたい寝室で寝ているそうです。

そして、仕事や外出から帰ると私と一緒にリビングに入ります。



DSCF0313.jpg
2014年 5月6日 ベニシジミと風



さて、二人が自分たちのマンションに帰った一週間後、再び娘とベビーがやってきました。

私は風は吠えるかしれない~と予想していたのですが、Eggiさんの予想は、風は尻尾フリフリで歓迎してくれる、でした。

果たして結果は・・・Eggiさんの予想が的中して、風は尻尾フリフリでした

そして、「風が完全にベビーを家族の一員として認めるまで、お里帰りは頻繁にしてもらえるとベターです。」というアドバイスをもらいました。



DSCF0348.jpg
2014年 5月17日 




ところでベビーのパパですが、子供の頃からワンコと一緒に過ごしていたので、

ワンコの存在には慣れている人でした。

初めの頃、風に吠えられましたが、穏やかな動きの人なので、

風は何度も会ううちに"この人は安心な人"と認識して、家族の一員と認めたようです




スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。