--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風のリハビリ ~ハーネスの練習 完結編~ 55

2015年03月22日 19:06


お散歩のときハーネスを着ける様子です。

自分でカメラを持っていたのでハーネスを上手に着けてあげられませんでした(;^_^A、

でも、見てもらいたいところは、ハーネスを着ける練習をし始めた2013年2月とは、

風の態度が全くと言っていいほど違うところです。

そして、部屋にいる風を呼ぶと、こんな様子で部屋から出てくるようになりました。

「風のリハビリ~信頼関係を育むって?ハーネスの練習~8」に書いた目的をほぼ達成できました。



[広告] VPS




風が部屋kら出てくるのを待たずとも、「お散歩行こう~♪」と呼ぶと結構喜んで来てくれるようになりました。

ハーネスの練習を始めた頃の記事のリンクを下に張りました。



風のリハビリ~信頼関係を育むって?~7



風のリハビリ~信頼関係を育むって?ハーネスの練習~8



風のリハビリ~信頼関係を育むって?ハーネスの練習~9



風のリハビリ~天岩戸から風自ら出てきたのだ~17




以前のEggiさんから頂いたメールの抜粋です。
どの記事だったか覚えていないのですが、多分この部分を載せるのは2度目かと思います。
(メールからの抜粋はEggiさんに了承を得ています。)

「私はワンコさんといるときは、常に気持ちのコントロールをしています。

人の気持がワンコさんに与える影響が大きいのを知っていますし、ワンコさんたちは、常に自分で学習をしているとも知っているからです。

特に人が無意識にしてしまうことに、ワンコさんたちは、とても強く影響されてしまいます。
無意識の行動は、反動作用とも言い換えられる程、すっかりパターン化されているので、特定の事柄には常に付きまといますから、ワンコの学習理論にピッタリと叶って、完璧なお勉強が出来てしまうのでしょう。

ですから、自分の中にある、何かの存在を感じたら、頑なに否定しないで、それが存在する事を認めることが大切なのだと思うのです。
特に、悩めるワンコさんの飼い主さんには、ワンコのリハビリへの、大切な第一歩にあたるのだと思うのです。

私の中にも、それはそれは沢山の"どうしようもない物"が巣くっていますけれど、その物の存在を認めていますから、愛するワンコのためならば、ちゃんとコントロールできています。
腹の虫の居所が悪い時は、ベターハーフの主人には、"安心して"当たっちゃう事はありましたが、ワンコには、いつも公平、平静が保てます。
だって、主人には"言い訳"が効くけれども、犬族のワンコには通じないですし、そんなのは無責任で大人げないですものものね」



このメールを頂いたときには、このときの私なりに理解していました。

でも、読み返してみると、あの時には漠然と理解していたことも、今はハッキリとしていることに気がつきました。

そして、「私も結構成長したもんだわ~」なんて思ってしまったのです(笑)



スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。