--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近一番嬉しい風の変化

2010年07月06日 23:07


空がうちに来たときは自分から人に近づく子だったなぁ。
「空、だっこ」って手を出しても逃げなかった。

預かった保護犬もみんな私を怖がらなかったし、
トライアルから帰ってきた花香でさえ私を怖がらなかった。


怖がった子は 風 だけ。



002(2).jpg


家に来て間もなくのときの風です。
こんな小さいときから人を怖がり逃げまどう仔でした。
風と初対面のときに、
「この子逃げるね。どうして逃げるんだろう~?」と言ったような記憶があります。


ペットショップや家に来たてのころの扱いがトラウマになったのですね。


DSCF5167.jpg


Eggiさんがずっと言い続けているストレスレスの生活をさせてあげたくて、
風がうちの中で一人っ子になって丸6ヶ月が過ぎ、
ワンコの習性にかなうようにトイレトレーを撤去して丸4ヶ月が過ぎました。


最近、今までで一番嬉しい風の変化が起こっています。

飛びあがりたいほどの嬉しい変化が少し前から起こっています。

なんでもない子からは考えられないような普通のことですけどね。


それは、
「さぁ、外に連れて行ってあげるよ。」と言う私に自ら近づいて、
私の腕に手をかけるようになったこと。

ハーネスを付ける時も
怖がらないようにとか慣れるようにとかいろいろしたけど、
自分から近づくことはしなかったのです。
というか、逃げました。
それが、自分から来てハーネスを付けることを静かに受け入れるようになったのです。


DSCF5228.jpg


今まで、おやつ欲しさに抱っこを自分からねだることはあっても、
こちらが望むと逃げました。

風はハーネスに慣れる練習もしましたし、
ハーネスは怖くない物ということは十分わかっていました。

花香がハーネスを着けるときと同じような練習もしました。

けれども、自分に向かって伸びてくる人の手が怖い風。

毎日のお散歩はもちろん、
病院へ行くときや、車で出かける公園に連れて行こうというときは困りました。

じゃ、そういうときはどうやってハーネスを着けていたの?

それはソファーに居るときに。
不思議とソファーに居るときはハーネスを見せても逃げないのです。
これは家族みんなに同じ態度でした。

風は逃げられないと思って観念していたのかもしれません。
(でも、実際、すばしこい風だったら逃げることは可能なはずなのですが。)
多少出かける時間より早くても、その時を利用することが一番摩擦がないようでした。
そして、このままでも問題は無かったのかもしれません。

でも、私は、私と風との、このほんの少しの隙間を寂しいと感じていました。
普段は呼べば来るし、ソファーに座っていれば横に来て寝ています。
風が床に寝ているときに側に座って、
好きなところを撫でてあげれば気持ち良さそうにしています。
それなのに。。。


DSCF5232.jpg


ですから、
前ほど吠えなくなってきたことも、
外で少しづつ怖がりが無くなってきたことも、
興奮おもらしが日に1回とか2回とか少なくなったこともとても嬉しいことですが、
私にとってはこのことが今までで一番嬉しい風の変化なのです。





スポンサーサイト


コメント

  1. るーくまま | URL | -

    私までとっても嬉しくなりました。
    素晴らしいですね~~
    >なんでもない子からは考えられないような普通のことですけどね。
    ”普通のこと”って言葉に出すとあっけないですけど、実はすごいことですよね。
    風ちゃんの心とライ麦さんの心は共鳴しているのですね。

  2. ライ麦 | URL | 2j50GQ9.

    Re: るーくまま様

    初めはじわじわと嬉しくて、数日続いたら飛び上がるほどの気持ちでした~(爆)
    風の本能のようなところに
    "逃げ"がインプットされているのかなぁ?なんて思っているのです。
    これからも急に出した手からは一生逃げるような気がしますが、
    こうして私の出した手の意味を理解して行動してくれていることは、
    本当に嬉しく思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sorafuuto.blog97.fc2.com/tb.php/111-5d5b3b32
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。