--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空は自分で玄関を選んだ、そして病院。

2010年08月16日 23:32



日曜日に花香ちゃんが遊びにきてくれました。
その様子はこちらに書きましたのでよろしかったら御覧くださいませ♪




Uo・ェ-oU/^☆。.:*:・'゚。.:*:・'゚。 Uo・ェ-oU/^☆ 。.:*:・'゚。.:*:・'゚。 Uo・ェ-oU/^☆








今日も暑い日でした

13時
コンクリート10㎝上の温度は42度
日が落ちてもアスファルトがほかほかなわけですねぇ

DSCF6158.jpg




午前中、風にまだリードを付けていたときです。
空が起き出したので廊下のガードをはずしたら、
部屋の中を散策し始めました

玄関のほうの廊下に行ったのですがリビングに戻ってきません。
覗いてみるとドア越しに外を見ていました。
外に行きたいのかな?

11時、可哀想ですが外はものすごい暑さで
とてもじゃないけど出すわけにはいきません。


DSCF6133.jpg



そのまま好きにさせておいたのですが、
いつの間にか、冷たいタイルが気持良かったのか寝てしまっていましたよ


DSCF6135.jpg



プーさんのワンコ用タオルを敷いてあげたらちゃんとその上で寝ていました。
まだ、タオルがきれいに敷かれてますが、
この後見たときはタオルをカキカキしてぐちゃぐちゃになった上で寝てました(笑)

空が寝たら風もいつもの場所で寝たんですけど。。。


DSCF6154.jpg DSCF6148.jpg



。。。風が寝ているところはいつもの定位置なんです。
どうして、いつもお尻がリビングで顔だけ廊下なのか、不思議~

そのうちに風は廊下に移動して寝ていました。
空のことがとってもと~っても気になるらしいです(爆)


DSCF6141.jpg


空と風は付かず離れず。
というよりも風だけが空のことを気にしているみたいです(笑)

風のリードを外してもそれほど心配は無いことがわかりましたが、
いくら空の耳が遠いとはいえ
突然何かで風が吠えて走りまわったりしたときのことが心配なので
眼を離さないようにしています。

風は時に突然火がついたように吠えて走るときがあるもんですから
大概熟睡しているときに外の物音にビックリしたときなんですけどね。
その声で私もドキッとしちゃうことがある程なんです





17時
空の病院でした。

予約になっているのですが、
大概早く着くので、病院に入る前に近所を一回りしてから入ります。

今まであまり車に乗せられたことがなかった空にとっては車内は落ち着かない所です。
降りてからすぐ病院に入るよりも、
短い時間でもお散歩してからのほうが落ち着くでしょうし、
病院内でシッコをしたことはないですが済ませてからなら安心ですもんね。

それでなくても憂鬱な病院ですから。
(空がそう思っているかどうかは定かではありませんが 笑)

DSCF6166.jpg  DSCF6169.jpg



今日も先生に誉められましたよん。
「この子は何しても怒らないね。」ですって!
私が見ている前でも
痛いだろうなと思うようなことをされてもジッと我慢しているんです。
我慢強いなぁ、空は。


実は今日は、先生が左目のマイボーム腺腫を切って中に詰まっているもの
(脂肪や膿が詰まっているそうです)を絞り出してくださいました。
このときは私は待合室で待っていましたが、後から出たものを見せていただきました。
真っ白な脂肪が沢山出ていました。
(膿のようなものは見られませんでしたね)
でもまだ少しプクッとしているのですが、
それは絞っても出てこないもの(しこりのようなもの)だそうです。
大概悪いものではないそうです。

診察室から出てきた空を沢山褒めてご褒美をあげました。
麻酔が効いているからか、
あまり眼を気にすることもなくパクパクと平らげてしまいました。

先週の月曜日にも病院には行ったのですが、
このときにハッキリした診断が下っていました。
"再発性(無反応性)角膜びらん"だそうです。
角膜の表面に傷がつき、普通はきれいに再生するのだそうですが、
空は剥がれた表面に再生してきているものがきれいに再生できず、
浮いてしまっているそうです。


空の眼






←左の図が今までの空の角膜
  膜がちゃんと再生できずに
  眼球から浮いてしまっている状態だそうです。
  そこをきれいに取り除くことで再生を計るそうです。



傷が大きくなるけれどこの部分を取り除くことで、
きれいに表面が再生されていくそうなので、
先週はこの中途半端に再生されている部分を削り取りました。

そして今日再生の具合を見るということになっていたのです。
早く治る子ですと1回の処置できれいに再生するそうですが、
再生できない子は何回も処置をするようになるそうです。

空は先週よりも傷は小さくなっていたそうですが、
あまりよく再生できていない部分があったのか、
もう一度同じ処置をすることになりました。

眼瞼内反症については、
右目は治っていましたが左目はまだ左下が内反しているそうです。

けれどもそろそろ痛み止めの目薬は止めておきたい時期だそうで、
ヒアルロンサン(ヒアレイン)のみの点眼となりました。




病院から帰ってから痛いのか眼を足で擦ってしまうのですが、
こればっかりはずっと見ているわけにもいかないので、
また傷を新たに作ってしまうのではないかと心配しています。






スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sorafuuto.blog97.fc2.com/tb.php/162-d1a15171
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。