空に聞いてみたいこと

2010年10月15日 21:48

明らかに違います。
いつからだろう。

あまり思い出せないのですが、
あれ?なんか違うって感じていました。

空のこと。



DSCF7326.jpg



若い頃は大変な引っぱりワンコ。
引っぱられてリードを持つ手が痛かったです。

それにワンコが来ると吠えはしないけど
向かっていっちゃった子。

細い道でワンコとすれ違うと
必死で行かせまいとリードを持つ手に力が入りました。
近づければ確実に"危険"という空気が漂っていましたもの。

それが、Eggiさんのブログとであって、
ハーネス・ロングリードにして引っぱりが治って。

緩いリードで歩けるようになってきて。


こんどは、
車一台しか通れない細いお茶畑の道や大きな道の歩道で
すれ違うワンコさんに

知らんぷりで

歩けるようになっていた!!!



DSCF7325.jpg



何時からだったのかわからないんです、本当に。
なんてへっぽこ飼い主なんでしょう。

少し前に気が付いてからも、
目や耳や鼻が利かなくなったから、歩いてくるワンコさんに気が付かないのかも。
というふうに思って見ていました。

でも、やっぱりそれだけでは無さそうです。

それはこんな感じのできごとです。



DSCF7324.jpg



近所の黒ラブ君のお家の前にさしかかったら黒ラブ君が庭で遊んでいました。
黒ラブ君はカーフェンスの隙間から顔を出してこちらを見ています。
この子はとっても人懐こい子ですし、
相性の良し悪しはあるものの
相性のいい子とは落ち着いて他のワンコさんと挨拶のできる子です。

でもね、空がどんな反応を示すか私には予想がつきませんでした。

黒ラブ君のお母さんも一緒に庭にいたので黒ラブ君と空の間に立って挨拶と、
空の様子を見ながら少し立ち話をしました。

この子は他のワンコさんにも人にも吠えませんが若いので動きは活発です。

ところが、黒ラブ君の顔がものの30㎝(はオーバーかな、でもせいぜい50㎝だったと思います。)
しか離れていないところに近づいたのに、
空は黒ラブさんのことを気にもせず私の足下に来て私を見上げているんです(驚)

ふむ、どうしたことか?
意外な展開に私はちょっとの間空を見つめました。

これが具合の悪かったときなら、
見えないし気力がなくて黒ラブ君のことどころじゃ無いのかな
なんてわかる気もするのですが、
最近はブログ通り空はとても元気なのです。
視力がどのくらいのものなのか鼻のアンテナがどのくらい利くのか分かりませんが、
とても不思議でした。

いったい空の目や鼻や耳はどんななんでしょう。
で、空の何がどう変わったのでしょう。

老犬故の穏やかさなのか、私といることで安心していられるからなのか。



う~ん、空に聞いてみたい気分です。





スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sorafuuto.blog97.fc2.com/tb.php/225-1e2cb5fb
    この記事へのトラックバック


    最新記事