花ちゃんがいた2日間

2011年03月07日 09:54



花ちゃんと風が庭で遊んだあとは、
空と風が遊びました。


DSCF1004.jpg


いままでリードを繋がずに自由に動き回る機会を与えられる事がなかった空です。

狭い庭ですが隅から隅までウロウロクンクンして自由と庭を楽しんでいるようです。


DSCF1005.jpg


花ちゃんはとってもデリケートな子なので、
可愛そうですが2日間は廊下で過ごしてもらいました。

(空は花ちゃんとは上手くやれるような気がしていたのですが。)

でも驚いたことに
以前のようにムーミンパパとにいにに吠えることがありませんでした。

廊下を2人が何度となく通ったときも
1・2度、風が吠えたときにつられたように吠えただけで、
あとは静かに自分のベットに入って見ているだけでした。

お父さんお母さんの元で気持ちが安定して吠えなくなったこともあるでしょうし、
自分がここにいることに戸惑っていることもあったかもしれません。

ムーミンパパとにいにを忘れてはいないと思います。
花ちゃんが吠えないのでみんな驚いていました。
家族も花ちゃんには慣れたもので、刺激しないように静かに見守ってくれました。

上から来る人の手や覆い被さるような人の動作にはとても怖がっていましたが、
雰囲気はとても柔らかくなっているように感じました。


DSCF1006.jpg


お散歩は1頭づつでした。
たぶん風と花ちゃん、風と空の組み合わせなら問題は無かったでしょうけど。

不器用な母は不器用にお散歩です(笑)


DSCF1007.jpg


夜、花ちゃんのお母さんが迎えにきたときの花ちゃんの嬉しがりようといったら、
それはそれは大喜びで抱きついて、
花ちゃんの後ろ姿にも"オカアサンオカアサン""ウレシイウレシイ"と
気持ちがたくさん溢れていました。

お母さんが車の運転席から花ちゃんを乗せると、
助手席の自分の席にぴょんと入って、
"オカアサンハヤクカエロウヨ"とでも言っているようなニコニコ笑顔。
お迎えが本当に本当に嬉しかったのですね。


その満面の笑顔、
安心して幸せそう。

車が発進したら、花ちゃんはもうこちらなんか全然降り向きません。
体ごと運転しているお母さんの方をず~っと見ているんです。



電灯の明かりに白い花ちゃんの後ろ姿、心から花ちゃんよかったねって。。。♪♪♪








スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sorafuuto.blog97.fc2.com/tb.php/323-7eeabc9d
    この記事へのトラックバック


    最新記事