ドイツ気象庁 予測/シュミレーション

2011年03月27日 22:20

Hさん
お知らせありがとうございます。
こちらに立ち寄ってくださった方々のために
ドイツにいらっしゃるHさんのご友人の訳をそのまま転載させていただきました。



ドイツ気象庁
http://www.dwd.de/

福島第一原発からの放射能放出の予測
http://www.cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=1056

<日本語訳>
お知らせ下さったのは、ドイツ気象庁が天気予報をもとに、
放射能がどのように広がって行くかを予測/シミュレーションしたものです。
3月27日付けの現況がアップされていたので、そちらの情報を下記します。

上の図は3月27日ヨーロッパ時間0:00時の経過をモデルに、
火曜日朝日本上空の濃度の様子をを表示しています。
高気圧が天気を左右するでしょう。
風向きははじめは北西からで、太平洋に放射能の粒子が南東方向、太平洋へと流されて行くでしょう。 
日中は様々な方向から弱い風が吹き、粒子は多くが東に向けて太平洋に流れますが、
濃度はかなり低いものの一部は東部の太平洋岸や、首都圏までにも達します。

中の図は3月27日ヨーロッパ時間0:00時の経過をモデ ルに、
水曜日朝の日本の上空の濃度の様子を表示しています。
火曜日に太平洋へと移動して行った高気圧の後、
西からの風が入ってきて福島の放射能粒子をまっすぐ東に向け太平洋岸へと運びます。
首都圏からの混合物も西からの風にともない太平洋へと移動して行きます。

クリックして見られる6時間ごとシミュレーションでは
福島第一原発から放出される放射能の影響を受けた空気が上空250メートルにて
三日間広がって行く様子が表示されます。
数値については、排出量が未確認ですので、排出濃度不明のまま相対的に分散し、
濃度が薄まって行くとして入力してあるため、実際の現地での汚染状況ではありません。
現状に対する情報は連邦環境省のホームページを ご参照ください。





♪☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・ ♪☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・ ♪☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・ ♪





今日はお天気もいいので久しぶりに広い通りをお散歩しました。
風(かぜ)はちょっと冷たいけどお日さまは気持ちがよかったです♪


DSCF1157.jpg


菜の花も咲き始めて春・春・春


DSCF1159.jpg


小さなイヌノフグリの花があちこちに咲いていたり、
どこからか種が飛んできたのか花ニラが咲いて可愛かったです。

花ニラって英語ではスプリングスターフラワーなんだって♪

どちらも小さい花だけど春一番に咲き始めて、
生きる力強さを感じる花たち。 


DSCF1160.jpg


春の大掃除2日目は最近あまり使っていない食洗機、
明日は何をお掃除しようかな♪






スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sorafuuto.blog97.fc2.com/tb.php/335-33fad493
    この記事へのトラックバック


    最新記事