私の失敗

2011年09月02日 23:40

こんなに可愛いお客さんが遊びに来てくれました。
小さな子のおもちゃが無いので、長女がお絵かきに誘って一緒に書き始めました。
お絵かきすきなんだそうです。
まだ、2歳10ヶ月というのに、ちゃんと目と鼻と口のある可愛いリラックマを書いてくれました。

DSCF2295.jpg

「笑って~♪」って言ったら、一生懸命笑ってくれました。
真剣そのもの。

一生懸命笑おうと意識しすぎてお口が引きつってしまったみたいです。

DSCF2290_20110905164059.jpg

小さい子に笑ってはまずかったですねww
後ろで風まで緊張していました(笑)


空は見えない目で一生懸命様子を伺っていました。

DSCF2296_20110905164110.jpg

なんとなく雰囲気が掴めたのか、のそのそとその場を去って行きましたよww

DSCF2297.jpg

小さい子って面白い。
「何か書いてあげるよ~何がいい?」って長女が聞くと、
すかさず、「テーブル」とか、「鉛筆」とか自分の目に入った物の名前をあげました(笑)

「好きなものは何?」って聞いたら「コリラックマ」って答えてくれました。
リラックマは知ってたんだけど、コリラックマは知りませんでしたよ、やられた!!ww

DSCF2300.jpg

空は初めこそ興味を示して、Hちゃんの近くにいってクンクンしていましたが、
少しすると寝てしまっていましたが、
風はいつまでも興味津々でHちゃんが動く度に後をついてまわっていました。

Hちゃんのお母さんの実家には、ピンシャーとチワワがいるので、
Hちゃんは静かな小さいワンコは怖くないそうなんですが、
静かでも大きなワンコの空はちょっと怖かったみたいです。
空が近づくと「来ないで!」と空に言っていました(笑)

でも泣くわけでも騒ぐわけでもなかったですし、
お父さんもお母さんも「Hちゃんが静かにしてれば大丈夫だよ。」と落ち着いていたものですから、
流れる空気が穏やかで風も興味を示しながらも吠えることはありませんでした。

ところがHちゃんが立って動いたとき、風がHちゃんの側に近づきました。
Hちゃんは少し怖さを感じたのかもしれません。
風はHちゃんのすぐ横で一声「ワン」と吠えてしまいました。
Hちゃんはちょっと大きな声で「あっちいって!」と言いました。

すると、お父さんが「大丈夫だよ、Hちゃんがゆっくり動けばいいんだよ。」と言うではありませんか。
私はびっくりです。
家に来た人から始めてこういう言葉を聞きました。
ワンコを飼っていたんですか?と聞くと、
シェルティーを16歳になるまで飼っていたということでした。

ムーミンパパと他の話をしていたこともあって、
ワンコのことは詳しく聞くことはできませんでしたが、
もし、また会うことがあったらもう少しいろいろ聞いてみようと思いました。

せっかくお父さんが素敵なことを言ってくれたのに、
私はHちゃんが怖がって泣いてしまったりしたらいけないと少し慌ててしまい、
咄嗟に風に声を掛けてしまいました。
すると、風は次には私の顔を見てから一声「ワン」とHちゃんに吠えるではありませんか。

あ~やってしまった・・・と後悔先に立たずです。

その後、何度か続けて、風は私の顔を見ては「ワン」  です(泣)
とうとう私はどう対処していいかわからずに風を呼びました。
Hちゃんはお父さんに抱っこです。

失敗失敗。
おとなでしたら後ろを向いてもらうようにお願いもできましたが、
2歳児にはどうしていいやらさっぱり・・・でした。
この次、Hちゃんが家に来てくれることがあったら風はどんな態度をするのか、
私はどんな対処をしたらいいのか、Eggiさんのブログを覗かせてもらおうと思いました。









スポンサーサイト


コメント

  1. ピッピ | URL | BoDklvJU

    ご無沙汰しています。難しいですね。こんな時、風ちゃんが何を考えているのか知りたいね!シュウは初めての来客には吠えていましたが、完全無視してもらうことで落ち着きを取り戻していました。おもちゃを咥えて、お客さんのところに持ってきても、無視して貰うようにしてからは興奮することなく、過ごせるようになっていきました。犬は相手をじっと見て、吠えるから、やはりこちらがカーミングシグナルを示してやるといいのでしょうか。。シュウの場合は興奮し易くて、持ってきたおもちゃで遊んで貰ううちに、噛みつくことがあって、完全無視をして解決していましたね。

  2. ちゃこぽん | URL | hIs5x0pk

    私もこの前姪っ子が来た時に同じような感じでした。
    姪っ子も2歳くらいの時は、
    犬たちが近づくと「あっち行って!」って言ったり、泣いたり・・・。
    そういう時は周りの大人が姪っ子の意識を別のところに向けさせるのと同時に
    犬たちを私が呼んで少し距離を離したりしていました。
    姪っ子は真性の犬嫌い(!)なので
    幼少時から本能で犬とカーミングシグナルもどきを交わしていましたよ(爆)
    犬が自分の方を見ている、と思ったら
    目を逸らしたり顔を背けたり背中を向けたり・・・( ´艸`)
    人間の本能、侮れませんww
    今は少し大きくなって、どうすればいいか具体的に話せるので楽になりました。
    それにしても、このお子さんのご両親、とても素敵な方々なんですね♪

  3. ライ麦 | URL | 2j50GQ9.

    Re: ピッピ様

    臆病な風なので、やっぱり知らんぷりしてもらうことが一番いいみたいですね~
    可愛がってくれる相手の方の気持ちはわかるので、
    どのようにお客様や道で会った方に説明しようか、私が迷ってしまうんですよね。
    気心知れた友達や兄弟でも言い方次第だろうし・・・
    となると、ワンコの気持ちがわかってるお友達が一番安心していられますね(笑)

  4. ライ麦 | URL | 2j50GQ9.

    Re: ちゃこぽん様

    姪っ子さん、やりますね~自然に出したカーミングシグナルですね。
    Hちゃんはワンコ嫌いじゃないので風が周りをウロウロしさえしなければ、
    「あっちいって!」は無かったと思うんですけどね(笑)
    最初に吠えちゃったとき(いづれも一回ワンなんですが)に私が声を掛けてしまって、
    そこで、あっ!風が学習しちゃったかな?
    なんて思っているうちに次の「ワン」が出てしまったので、
    これ以上覚えさせないためにはどうしたら良いんだろうとか考えちゃって・・・(笑)
    咄嗟の機転が全く利かなかったという情けない日でしたww

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sorafuuto.blog97.fc2.com/tb.php/408-881f4706
この記事へのトラックバック


最新記事