言葉遊び

2012年01月12日 13:05


リーダーでなく保護者であり友だちであり
受け入れるのであり甘やかすのではなく
叱るのではなく妥協でもない
強制でなく導きであり相互協力でもある
尊重であり平等ではなく対等でもない
認めるのであり否定するのではない
寄り添うのであり向き合うのではない
etc.etc・・・


etcと鑑みたところ
底に流れるものは愛と自由

006.jpg




明日のことを思い煩うなかれ。
明日のことは明日思い煩え。
一日の労苦は一日にて足れり。


高校の卒業式の日に担任の先生が私達教え子に、
はなむけの言葉として送ってくれたことを忘れてはいません。

ずいぶん年月が経ってから知ったのですが、
「新約聖書」-マタイによる福音書(マタイ伝)第6章34節 の一節だったのですね。






風がまた変わってきました。
より共に平和に生活ができるようになってきたよ、ということなのです。

以前にも書いたことがあるように思うのですが、
散歩では
行くときの協力体制や
知り合いと出会って立ち話の後、別れ際に以前のように吠えなくなったり
風が行きたい方向があつても私が曲がりたいなと思った方向に曲がってくれたり
自分が前を歩きすぎると待っていてくれたり
近くを歩いてもらいたいなと思ったときに傍を歩いてくれたり
怖い音がしても前のように猛ダッシュまではしなくなったり
部屋では
別の部屋に避難させなくても掃除機に吠えかからなくなったとか
朝、家族が出かけるときに出る声がほとんど無くなったり
ちょっとあやふやな態度ながらもオシッコを教えてくれるとか
朝はかなり我慢強くなってきたとか

けれどもこのようなことよりも一番に書きたいのは
言葉では表現しにくい私以外にはわからないかもしれないとても些細ないくつかのことと
ちょっとした態度の変化なのです。

そして、困ったなということはあと少しあるのですけど、
今まで酷く吠えたときも思い煩ってはいなかったな~ということ。




スポンサーサイト


コメント

  1. nao | URL | -

    卒業式の日にこのような言葉を子供たちに贈れる先生はとても素敵だと思います。
    ウチも先日娘の卒業式でしたが、どの祝辞もグローバル社会において国際人たれというような内容で、正直そのような企業の訓示のようなメッセージが子供たちの心に届いたかどうか疑問です。
    おっと、自分の話が長すぎました(笑)
    >言葉では表現しにくい私以外にはわからないかもしれないとても些細ないくつかのことと・・・
    この部分に引き込まれました。何をどうって上手く書けないんですけど(笑)
    ↑プロ並みのケーキですね。妥協がないでしょう?そんな風に見えました。
    私にも作ってー(爆)

  2. ライ麦 | URL | 2j50GQ9.

    Re:naoさん

    そうなんです、素敵な先生でした♪
    数年前に同窓会でん十年振りにお会いしましたが、
    昔と変わらず前向きな気持ちを人に与えてくれる方でした。
    今思えば大切な時期に出会えた方だったな~と思います。

    風の目の奥に潜んでいる感情の変化、みたいな不確かで淡いこと。。。
    あ~ん、表現できなくてなんとも歯がゆいです(爆)

    凝り性です・・・(笑)
    おまけになんでも自分の手で作ってみることが好きらしいです。
    妥協はしないけど腕はね、ってそんな感じ(笑)
    ケーキの予約入れとくね~ww

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sorafuuto.blog97.fc2.com/tb.php/462-f594046d
この記事へのトラックバック


最新記事