ちょっと気になる缶

2012年03月12日 23:47

今日も今日とてクンクン三昧。

人間の言葉で言ったら「やめられまへん~♪」というとこですかね(笑)


DSCF3525.jpg


クンクン ひたすら クンクン


DSCF3527.jpg


可愛いいぬのふぐりが沢山咲いていたって、

クンクンしているのはお花の匂いじゃありません(笑)




と、どこからかワンコの一声と女性の声が・・・
ワンコの声に聴き耳を立てる風と私。
探してみると、下のグランドでワンコのトレーニングをしている模様。


DSCF3529.jpg


ワンコのトレーニングをしていると気が付いて見始めたその時に、
トレーナーさんが持つ10mくらいの長いリードが付いたワンコの側に
カーンと空き缶を投げました。

それを見て図々しくも高み(ホントに高い場所 笑)の見学を決め込んだ私です。

トレーナーさんが缶を投げたのはその時だけでした。

そのまま続けたトレーニングは、
飼い主さんがワンコと一緒に走って止まった時に「フセ」とコマンド。
ワンコが上手に伏せると「いいこ~」と褒め褒め。
元気のいい若そうな(動きが若そうだったのです)ダルメシアン。
最初こそフセまでに少し時間がかかりましたが、
何度か繰り返すうちにすぐにフセができるようになりました、優秀。

ダルメシアンの練習が終わったところで、
トレーニングに集まったらしい飼い主さん3人とトレーナーさんが、
大型犬5頭(ダルメシアン3頭・ボーダーコリー1頭・シェパード1頭)をノーリードで遊ばせていました。
どの子も仲良さそうでした。
ご夫婦でお散歩の方がノーリードで遊んでいる大型犬5頭を見て少しびっくりしていた様子でした。

缶のことが気になりながら見ていましたが、
風もひとところにいるのに飽きたようなのでその場からおいとましました。

風と私はそこを離れグランドの隣の広場で遊びました。


DSCF3532.jpg


↑写真をクリックして見てもらうとわかりますが低空飛行している風ちゃんです(爆)


DSCF3533.jpg


風がビュ~と吹き付けて変顔の風になりました。

久しぶりに訪れたお山の公園は今日も気持ちがよかったな。

しかし、缶がね~、
缶が気になってしかたないのよね~。





缶は突然の音や物に驚かないように慣れの練習なんだろうな。

でもこのトレーニング、実際に突然ワンコの側で物音がしたときや、
物が飛んできたときに驚かないっていうふうになる、
っていうようにはあんまり思えないのだけど。
というより、そういうのって自己防衛本能からいったら驚くのって自然だよね。

大型犬のいきなりのダッシュは
リードを持っている人や回りにいる人
それに例えば狭い道だったりしたら車も通っているだろうし
いろいろ危険なことはわかる。

・・・
ワンコ尊重という観点から考えると
もうちょっと違う方法での練習を、というふうに考えてしまうな~。




3/14 追加

今朝の散歩での出来事です。

風の特に苦手な音は、
突然の大きな音や小さくても破裂音のような音、もちろん雷や花火なんかもです。

以前の風だったら散歩中に苦手な音を聞くと猛烈ダッシュをしていたのですが、
最近の風は緩やかなダッシュに変化してきていました。
私は風がダッシュしたときは無理に呼び戻したりすることなく、
「いいこ、いいこ」と囁きながら後を付いていっていました。
そして、ダッシュが緩やかになり、
風に余裕が出てきたなと見えたときに
「風ちゃん~いいこ~」とにっこり小さな声をかけるようにしていました。

最近は音がしても以前のような猛烈ダッシュをしなくなったな~と思っていたのですが、
今朝は音がしたときに緩やかなダッシュ(ダッシュとは言えないかも)をして、
ほんの2秒も走ったところでUターンをして戻ってきて私の顔を見ました。
私は"おぉ"と思い「風ちゃんいい子ね~」とご褒美をあげました。

その後も風の歩きは速いし耳も緊張していましたが、
歩き方は自分で制御しているように見えました。
なのでもう一度「風ちゃん~」と呼ぶと、ちゃんとこちらに戻ってきてくれました。

時間はかかっていますが
私と風の場合の音に対する練習はこれでよかったんだなと思いました。







スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sorafuuto.blog97.fc2.com/tb.php/499-10442aa8
    この記事へのトラックバック


    最新記事