三峰神社 つづき1

2012年09月27日 23:19



暑くもなく寒くもなく、まずまずのお天気でしたが、
下界と違って山の空気は少しひんやりとしていました。

お蕎麦の代金は私が払おうと思っていたのですが、母が半ば強引に父に払わせました(笑)
でも、私はここでも素直に甘えようと思い、
父と一緒にレジに行きましたが、耳の遠い父とレジの人との通訳に徹しましたww
ありがと、ごちそうさまでした、お父さん。

腹ごしらえもできたので、やっと境内へ入ります。

DSCF5722_20121001172355.jpg

お犬様の形をした狛犬さん(ややこしいww)の間を通り抜け境内に入ります。
境内はひと気もなくとても静かです。




DSCF5725_20121001172408.jpg

鮮やかな山門をくぐり抜けました。
ここにもお犬様。


山門をぬけ、灯篭と太い杉の木が並ぶ道を歩いていきました。

DSCF5726_20121002083534.jpg

この写真を撮ったあと、綺麗なお姉さんに可愛いといってもらった風。
うふふ♪の親ばか気分ですれちがったこの女性をふと見ると。。。ものすごいビックリ!!
!!滝川クリステルさんでした、ワオッ!!
小顔でとっても可愛い方でしたよ。

ほんの1m位の近いところをすれ違ったのに、
小心者の私は握手も写真もお願いできず、見とれただけでその場を去りました。
他の家族は芸能人なんて全く関心のない人たちなので、
へ~滝川クリステルさんだったの、で終わりました(笑)




道の脇に並ぶ太い杉の木を見上げると、
真っ直ぐ真っ直ぐ空に伸びていました。

DSCF5727.jpg

いったい何年、
あなたはここにこうして、
黙って立っているのだろう。




拝殿に入ろうとしたら撮影してるのでお待ちくださいと撮影のスタッフの方から言われ、
撮影の様子を見ていました。

実は、見ていたのは私だけで、家族皆、拝殿や手水舎の彫刻が綺麗だとか、
撮影には全然興味がなかったようでした。

DSCF5733.jpg

撮影が終わったので、参拝してお守りを買いに行く妹を見ている風。

参拝もクリスチャンの母と半分クリスチャンの父は見ているだけ。
妹の連れ合いはクリスチャンでもなんでもありませんが見ているだけ。
私はせっかく来たから神様に挨拶しておこう、ご眷属はお犬様だし、という私。
・・・あぁ、なんて失礼な家族(笑)

DSCF5736.jpg

中央に立っている方が滝川クリステルさんです。
左は神社の方でいろいろ説明されていました。
この後もしばらく撮影していたようですが、
興味のない家族は、そんなこたぁ関係ないよとばかりに縦横無尽に境内を移動です(笑)


小さな神社がたくさん(23社)並んで可愛かったので、記念撮影。

DSCF5737.jpg

「風ちゃん、待って待って、そこで待ってて。」
とりあえず待っててくれましたww


DSCF5740.jpg

「大正時代は3百円の永代神楽代でこんな立派な石がたったんだ~、
今だったらいくらくらいだろうね。」などと下世話な話をしながらww




遥拝殿というのだそうです。
覗きこむと足元は絶壁(ひ~)

DSCF5743.jpg

少しガスってましたが下界がよく見えて絶景でした。
すぐ近くに、にゃんこさんみたいな顔のご神犬像がありました。

DSCF5747.jpg DSCF5749.jpg

森玄黄斉作、だそうです。
誰だ、この人?





スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sorafuuto.blog97.fc2.com/tb.php/633-1efba8da
    この記事へのトラックバック


    最新記事