風のリハビリ~風の変化~ 5

2013年01月21日 19:50



2度目のハングアウトでは、
先にメールで送った、私のインスピレーションの言葉について話をしました。

こういったものは解説を読みながら自分で診断を出す分には面白くできるのですが、
人に答えを知られるというのはちょっと構えてしまうものですねww
しかし、そんな気持ちはかなぐり捨てて~
なんて大袈裟なことじゃないんですけどね( *^-゚)/

表面的に吠えだけ直れば(命令に従えば)いいというのなら必要のないことなんだろうけど、
私はワンコと信頼関係で結ばれた生活をしていきたいな~と、
やっぱりそこに拘ってしまうんですね(。・w・。 ) ププッ

さて、インスピレーションについての具体的な話は、
単語について説明をしてもらって、
どこからその言葉がくるものか考えておくという宿題になりました。

また、理想のワンコ像の分析も
自分の気持ちが落ち着いて都合のいいときに考えておいてくださいというものでした。



DSCF6421 1
2012.11.13 撮影


具体的な風の練習に関してはすでにもらってありましたが、
ハングアウトをしている間の風の様子から新たな練習の提案がありました。

というのもカメラは風や空を映していなのですが、
Eggiさんには時折外の音に警戒吠えする風の「ワン・ワン」や、
空や風が室内を歩き回る音が聞こえるんですよね~

話をしているんですから足音などは聞き逃しそうに思うのですが、
Eggiさんの耳には聞こえているのが驚きでした(☆o☆)



新たな練習は風が警戒吠えを発したら、
①ゆっくりその場を立ち、窓(または音の方向)にゆっくり移動。
②窓(音の方向のドア)の外を見る(確認する)。
③「大丈夫だよ。」と声をかける。
大切なことは100%必ず確認する動作。

また、私が言う「大丈夫」と言う言葉が、
風の脳には「大丈夫」とインプットされていないようなので、
別の言葉に代えるとか、「だいじょうぶ~~~」と柔らかく調子を変え語尾を伸ばすとか、
言い方を変えてみてくださいとEggiさんから提案がありました。

Eggiさんによれば、
「確認する動作は、
ワンコさんの保護者としての義務(任務)を果たすということです。
警戒吠えに対して、確認の後に警戒解除してあげることで、
保護者の威厳(=健全なる説得力)を
"自然な形でアピール"することを目的にした行動です。」
とのことです。

この確認のトリックはEggiさんのオリジナルですが、
ビビちゃんもDixieちゃんもちゃんと覚えてくれて成功しているそうです。

この説明をしてもらってなぜ外を確認することの意味がやっとわかりました。
単に安心させるだけのものではないのですね。
保護者を保護者たるもの(信頼できる人)として、
ワンコさんに認識してもらうことができるということなんですね。

外を確認するということもEggiさんのブログに書かれてあったと記憶しているのですが。。。
どこに書いてあったっけ~と思い出そうとしましたが・・・思い出せません(;^_^A
でも以前も読んですぐに実行していたんですけど100%確認していたわけでなく、
私が行ける状態のときは外を見に行くし、
行けないときは言葉だけで「大丈夫だよ、風ちゃん。」というようなものでした。



DSCF6424 1
2012.11.13 撮影



話は風の音に対する反応にも及びました。
質問された色々な音に対する風の反応を話すと、
Eggiさんは風は音に怖がりではないとおっしゃいました。
例えば、テレビから流れる突然の大音響などに対しての風の反応を聞かれましたが、
風はそれに対しては反応しません。
ピアノの音がしても逃げたりしません。

音に対する風の反応は、
チビワンのときの私達飼い主側の対応で風が学習した可能性もあるということや、
音を怖がっているのではなく高感度ワンコ(HSD)がゆえに、
音に敏感過ぎるから“気分が悪い“のかもしれないということも言われました。

私はてっきり風は音を"怖がっている"と思っていたので、
そうではないかもしれないと聞き大変驚きました。
また、風が高感度のワンコかもしれないと考えると、
いろいろと対処のしかたも考えられるし変わってくるということも納得したのです。

Eggiさんも高感度人間で、
「音(モーター音、ドラム音、大音etc.)に弱くて、聞くと鳥肌がたっちゃうし、
突然の場合は、心臓がパクパクとするほどビックリしちゃう」などのお話も聞きました。    

そしてEggiさんの元祖おしゃべりワンコの、
2007年12月07日 〖ウイーン風チビワンのお躾けって…〗
という記事のお話もしてくれました。
※Eggiさんが公開記事に戻されたのでどなたでもご覧になれます。

この話はEggiさんのDixieちゃんへの愛情や思いやり、
練習の仕方の面白さが私は大好きで何度となく読んだのですぐに思い出しました。
風を車に慣らしてあげたくて、
道路に面した庭でEggiさんとDixieちゃんの真似をしたこともありました。

でも私に度胸がなくて(人や車が通ると恥かしいww)、
しゃがんでお菓子をポリポリして風にオヤツをあげることを2回くらいやってみた程度でした((^┰^))ゞ テヘヘ



また、他にも練習方法として
家族が不在で私とワン達だけで、風がゆったりと寝ているとき。
①そっーっと風に悟られないようにオヤツを用意しておく。
②床に物を落とす。
③風が私を見たときに「だいじょうぶよ~~~」とオヤツをあげる。
④または、風がこちらを見ていないときに音をたてて「だいじょうぶよ~~~」とオヤツをあげる。
⑤風はムーミンパパが車のカギを持つと反応するので、鍵の音はなんでもないことを教えるゲームをする。
風が落ち着いているときに3~4か月続ける。


目的は「新しいことばのインプットゲーム」をするということ。
3週間後に一声「だいじょうぶよ~~~」で吠え声が止むことを目指す。

※吠えたときに「だいじょうぶよ~~~」を使って風の反応を見る。
 風が私を見たらインプットされているはず。
※吠えに夢中になっているときは「だいじょうぶよ~~~」を使わない。
※ゲームは一つ一つ違う時間に行う。


風がどうしたら吠えないか家族で話し合う。
(これはいつも書いていますが、折をみて)


などなど、途中、息子や娘が帰ってきた物音で風が吠えるなど、
風の日常が垣間見えるハングアウトとなりました。



DSCF6434 1
2012.11.13 撮影
珍しくムーミンパパが褒めてくれた写真ですww
なぜ写真が右肩下がりなのかということと(シャッターを押す力で下がってしまう)
ソフトを使って水平を取る直し方、ついでに水平にしてくれました(笑)



外の音の警戒吠えに対しての「だいじょぶよ~~」の練習は、
思いの外すぐに効果が現れました。


☆約2週間後の出来事☆

風の変化は、外の物音、
特に生協の荷物を取りにきた人の出す音に対する警戒吠えを続けて吠えずにいられました。

~夜カーテンが閉まっている状態~
物を取りにきた人の気配に一声
私がすぐに窓のほうへゆっくり移動
風は物音がするので外をすごく気にしながらウロウロして吠える(ただし切れ切れに、私の顔を見たりもして)
私がカーテンから覗いて「大丈夫だね~~なんでもないね~~」と声を掛ける
風は身体を小刻みに震わせて「ぐぐぐぅ~」と言いながらも吠えないでいる

というような状態でした。
こういう時、以前はかなりの勢いで吠えることもありました。


また、向かいの家に宅配便の車が止まった音がして一声吠えた後に、
風がすぐ、まだ椅子に座っている私のほうを見たことです。
私はゆっくり椅子を立ち外を覗いて「大丈夫だね~~何でもないね~~風のお家じゃないね~」と言うと、
風はその後外には興味のない様子でまた寝始めました。
今までも向かいの家に止まった宅配便に警戒吠えは1~2回吠える程度でしたが、
一声吠えた後も外だけを見ていて、振り返って私の方を見るということはなかったと記憶しています。



DSCF6428 1
2012.11.13 撮影



そして、ゆっくりの動作について気が付いたこと。

今まで私なりにゆっくりの動作ということを心掛けてきましたが、
やっぱりまだゆっくりさが足りなかったみたいです~(笑)

だってEggiさんは、ミルキーちゃんの前ではカメレオンみたいにゆっくり動いたそうですから!!
その様子が書かれています。

続おしゃべりワンコの物思い
2010年08月30日 〖ヘソ天ミルキー〗
※Eggiさんが公開記事に戻されたのでどなたでもご覧になれます。





スポンサーサイト


コメント

  1. harunana | URL | cceyEdfU

    う〜ん、そうなんですねぇ〜。
    ハルもひなも吠える方ではないのですが、夜回りの拍子木の音にハルが反応して低く吠えた事がありました。産まれて10年ぐらい聞いた事のない初めての音だったのです、、無理もないと思いましたので一緒に聞いて「あれは拍子木なのよ〜カチカチって言ってるね〜」と言ってから暗い庭に窓を開けて「見て来てごらん!」と出してやりました。ハルは庭に出て外を通る数人の人たちを見ていましたが「わかった?おいで〜」という私の問いにすぐ帰ってきました。その後、拍子木の音を訝しがることはありませんでした。納得してくれたのだと思います。
    ひなも先日同じく拍子木の音に反応して立ち上がって窓の方へ行きましたので、私も側に行ってカーテンの隙間から一緒に外を見て「カチカチ言ってるね〜大丈夫だよ、気をつけなさいって言ってるの」って言ったら静かに元の所に戻りました。
    飼い主が同じことを一緒に感じて解ってくれているという安心感があればいいのかな、と思いました。
    長くなってごめんなさい(~_~;)

  2. ライ麦 | URL | 2j50GQ9.

    Re:harunanaさん

    ハルちゃんもひなちゃんも
    harunanaさんのもとで安心している様子が目に浮かびます~(^-^)♪

    空はたぶん1歳になってから外ワンになったと記憶してるんですけど、
    見知らぬ人が庭に入ってくると警戒吠えをしましたが、
    私が声をかけたり出て行くと吠え止んでいたんです~
    そして先日お返事に書いたように家の中に入れてからは、
    全然警戒吠えをしなくなりました(*≧m≦*)ププッ

    私はそんな空とは性格が全然違う風に戸惑いがあったのですね~きっと(;^_^A
    こんなに感受性が強いワンコがいるとは思ってもみませんでしたし、
    ワンコのストレスや飼い主の態度の影響、
    ワンコの学習がどんなものなのか全く知らなかったので、
    家に来たときにはすでに逃げるチビワンだった風に、
    いろいろな思い込みをさせてしまったんです~(-"-;A

    ポメラニアンは吠えやすい犬種と何人ものワン飼いさんに言われましたが、
    harunanaさんが書かれたように、
    安心して興奮しない(吠えずに済む)でいられる生活を
    させてあげたいです( ^ー゚)v-238

  3. harunana | URL | cceyEdfU

    人と同じようにワンコも一人一人性格が違いますし感受性の強い仔、のほほんとした仔といろいろいるわけですし、、、私は「吠える」という点ではうちの仔達に恵まれていたのだと思います。
    まあ、ムクという柴犬は人が来ると吠えていましたが、こちらが出て行けばやめましたので問題なかったですし。。。
    hinaは歩いていて突然に道に置いてあるゴミに吠えたりしていますが(笑)
    一緒にそばに行って確かめさせています^o^ 。 掃除機も少しづつ慣れてきました。

    感受性の強い風ちゃんが気持を抑えられたら、それは素晴らしいことですよね〜♪

    hinaにはちょっと番犬も期待しているのに。。。(爆)

  4. ライ麦 | URL | 2j50GQ9.

    Re:harunanaさん

    空の番犬というお仕事はとても立派でした(^-^)
    主人の実家の家族などには吠えなくて、
    見知らぬ人にはしっかり(笑)吠えていましたので、
    義兄などにはいい犬だと褒められて(=^▽^=)アハハ

    ワンコにも長所短所があって当たり前ですし、
    風のことを言えないほど私の短所もいっぱいありますww
    それに吠えても可愛いがられていますので、
    風の吠えからくるストレスを軽減してあげられればいいと思っています(o^-^o)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sorafuuto.blog97.fc2.com/tb.php/677-629327a7
この記事へのトラックバック


最新記事