風のリハビリ~試されている?~14

2013年05月09日 23:22


風は、ある日はとても吠えてしまったかと思うと、
ある日は飛び上がって喜びたいほど吠えずにいたりしていました。



DSCF8024.jpg
2013.4.9 撮影 



ハーネスの練習は、
今では自分から首を入れてきてくれるほどになってきていて、
ほぼ浮き沈みなくリハビリが進みました。
ですので詳細に書こうと思えばとても書きやすいと思います。
(リハビリ記事8、を続けていますので省略します。)

けれども吠えに関してなかなか書けなかったのは、
一定して吠えが少なくなってきたわけではなかったからでした。



DSCF8027_20130510172747.jpg
2013.4.9 撮影 アオキの花 秋に真っ赤な実をつけます。 
小さな目立たない花ですが色といい形といい、つくづく眺めてしまう花なのです。




なかなか進んでいかないことに、何でかな~と考えてしまう日もありましたが、
”焦らない 諦めない”と構えることを忘れないようにしていました。



DSCF8033.jpg
2013.4.11 撮影 ムーミンパパと筍ほり



そして、先月の12日のことです。

朝の様子
「息子が仕事に出かけようと身支度を始めました。
風は息子のところに行き、息子の足に立って手をかけました。
手をかけたところで私の顔を見てから一声吠えました。
これは今までと同じでしたが、今日は動く速度と声が全く違いました。
今までに比べてとても緩やかな動きと、
キンキンとした尖った音性が全くない声だったのです。

私は呆気にとられて、風を呼ぼうかどうしようか、
私はどうしたらいいだろうかと一瞬考えてしまいました。
私が考えていた少しの間に風は足を下し、息子の足元でゆっくり私を見ました。
「ゆっくりと」と書きましたが時間にしたらほんの1~2秒だったと思います。
でも、私には風の動きはとてもゆっくりした動作に見えました。

足を下した後、風は私を見て、また息子を仰ぎ見て一声吠えました。
そして、息子の周りをトコトコと歩き、また私を見ました。
私を見た後にまた一声吠えました。

私はとにかく風がこれ以上吠えないうちに、
いつものように風を呼んでご褒美をあげたほうがいいと判断して風を呼びました。
風は慌てる様子もなく、狭いところに空が私と風との間に立っていましたが、
空を避けて私のところに来ました。

今思うと、風は私の反応を確かめながら動いていたのだと思い至っています。
それも風自体にゆとりのある気持ちで。
確かに、たぶん毎朝いつも私のことを見ながら吠えていると思われますが、
今朝の息子のときの態度はいつもの様子と明らかに違いました。」

このような風の状態をEggiさんにメールをしたところ、
Eggiさんから、
「風ちゃんは"ワンコの学習"の理論通りに、 今日までに関連付けした「吠えなければ良い子〜♪」が、
本当に正解かどうか試したのではないでしょうか。 」
というお返事を頂きました。



DSCF8048.jpg
2013.4.11 撮影 筍ほりの帰り道 家々の向こうに見えるのは、いつも行く公園がある丘陵です。



このお返事をいただいたとき、
Eggiさんが書かれた以下の2つの記事が頭をよぎりました。


元祖★おしゃべりワンコの物思い 

2009年03月21日 不思議な事実…
この記事は、風のリハビリを始めたときから、ずっとこのグラフが心の支えのように頭の中にあった記事です。

2008年02月29日 飛びつくワンコには。。。



DSCF8051.jpg
2013.4.12 撮影 チゴユリと風



この記事は、飛びつくワンコには。。。を改めて読んでいて行き着いた記事です。
2008年11月12日 どんな時に無視したら良いの?
私はEggiさんに「風の興奮の原因から気持ちを逸らせてあげてください」と何度となく言われました。
無視の有効的な使い方と、なぜ逸らすことが必要なのかということがこの記事の中に書いてあります。



DSCF8114.jpg
2013.4.17 撮影 踊子草 風にそよいでとても綺麗でした。



・・・そこで私は、今まで以上に注意深く風の動きを観察することにしたのです。





スポンサーサイト


コメント

  1. モカまま | URL | -

    あっ、ウチの事?

    自意識過剰かも知れないが、わたしの為?と思ってしまいました。
    飛びつきも酷く、最近は吠えるようにもなり、構って欲しいのか、恐がっているのか原因はなんなのか、無視するのか、確認して大丈夫と言うのか試行錯誤しています。
    ただ、咬みは、興奮して咬む(なぜ興奮するのか分からないことが多い)、構って欲しくて咬む?、分からないことが多いです。私もグラフを心の支えに頑張っていますが、なかなか思うようにはいきません。まずは観察力が必要かもしれません。Tタッチを習うことも考えています。平穏がやってくるといいんですが。先は長そうです。

  2. ライ麦 | URL | 2j50GQ9.

    Re:モカままさん

    私は風のリハビリをしようと決めたときに、保護犬の預かりを辞めることを始めとして、
    とにかく風のストレスを軽くしてあげることを考えました。
    何が風のストレスになっているのか、どうしたらストレスレベルが下がるのか。。。
    ストレスでいっぱいのときは、風の表情も気持ちも硬かったです。

    風の目先の行動の奥にあるものが改善されてきたら、
    本当の原因が見えてきたように覚えています。
    そして、今だから言えることは、
    できれば同時に自分の心が安定するということと家族の協力も・・・
    急がば回れですね。

    私と風の備忘録に書いたものがモカままさんの参考になっているのでしたら、
    私と風から「ありがとう~♪」です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sorafuuto.blog97.fc2.com/tb.php/707-c9ec6fbb
この記事へのトラックバック


最新記事