--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風のリハビリ~進歩(2)~25

2013年10月07日 12:03



秋ですね。

DSCF9398.jpg


さて、今回のEggiさんとのハングアウトでは、

私がどうしても聞いておきたかった"コントロール"ということについて聞いてみました。

コントロールを日本語で書くならば、支配・管理・監督・抑制・制御・統制などになります。



<風のリハビリ~進歩(1)~24>で、

「時に風をコントロールしているのでは等と、ややもすると抵抗感を覚えたこともありましたが」と書きました。

今は吠えを止めてあげる練習はかなり進んでいて、

庭に見えた来客の場合は、警戒吠えはしますが、その後は吠え止むようになっています。

興奮度は本当に低いものになりました。

※当初からEggiさんに、感じやすい風の警戒吠えはとめられないかもしれない、と言われていました。
  警戒吠えは私にとっても、誰か来たのね、という合図になるので助かっています。

家族の外出時は、呼ばずとも風自ら来るほうが多いのですが、来ないときもある状態です。

そして、来客・家族のとき共にご褒美を食べ終わった時に、

対象が見えるとまた吠えてしまうことがあります。



実際、忍耐とか、継続は力なりとか、一歩進んで二歩下がるというのは、

分かっていても、吠えてしまうと、時として気持ちがダメージを受けるときがあります。

ネガティブな気持ちを、くよくよと引きずることはありませんが、

こんなときに、果たしてこれは"コントロールする"ということにならないだろうか?

なんて考えてしまうわけなのです。

(ある意味、私自身もコントロールされるのもするのも好きではないので尚更かもしれませんが。)



Eggiさんに聞いてみると、

「ワンコをコントロールするということは、

例えば、ワンコに興奮してしまうワンコだったら、

道路で前からワンコが来たときに「お座り、待て」などの命令を発して、

ワンコの気持ちを無視したまま、人間側の都合を強制して、ワンコの行動を、当にコントロールすること...

で、ワンコの学習を念頭に置いたテクニックで、ワンコが興奮してしまう対象から、自分の方に気持ちを動かすこととは、

動機も結果も(支配と尊重、服従と信頼というように)、万事が万事、全く異質のものです。」

と話してくれました。



そうよね~と思いながら聞きました。

あ~理屈ではわかってはいるんです、私も。

風の場合でいえば、お客さんがいるときに「おいで~、お座り、待て」で、玄関で待たせること、がコントロールですね。

いわゆるオビディエンス。

2ヶ月くらい前に、山の公園ですれ違ったプードルの子のことを思い出しました。

風が近づくと飼い主さんの命令で、オスワリ・マテ・アイコンタクトでご褒美をもらってました。

ちょっと見には、張り切ってオスワリやマテしているように見えましたし、

通り過ぎる風には目もくれずよく言うこと聞いて良い子ね〜、というところなのでしょうが、

私にはプードルちゃんは少し興奮気味のようにも見え、その光景は何やら違和感を感じるものでした。

そして、こういう場面を通り過ぎる時の風は、

決まって相手の様子を伺いながら、挨拶をする気は全くなく、そして訝しんでいるように通り過ぎます。



・・・わかっていて何で聞く、自分?



なかなか次の段階に進めない焦りだったのでしょう。

いろいろと本を読んでみたり情報収集していく中には、

有意義なものの他にも無意味であったり惑わされるものがあったりしますのでね。

そういうものに触れると、ふと考えてしまうのです。

でも、そのおかげでもう一度振り返ることができました。



次の段階とは、ご褒美を減らしていく、という事です。

"吠えないといい子~♪"を覚えてもらう大切な段階です。

※ワンコのトレーニングの世界ではいろいろと言葉がありますが、
  あえて使わなくていいと思っていますので平たい言葉を使います。

外でのお散歩でチュチュで「おいで~♪」や「こっちへ行こう~♪」(但し、気になるワンコさんがいないとき)のご褒美や、

ゴミ袋の音・ペットボトルのラベル剥がしなどに対する吠えには、

とても自然にご褒美を減らすことができ今では吠えなくなりました。

それなのに、なぜ、来客(玄関)の吠えの練習では次に進めないのか・・・





続きます。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sorafuuto.blog97.fc2.com/tb.php/747-99c5eeb3
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。