風のリハビリ~犬を犬として尊重する~34

2014年01月15日 07:20


去年2013年11月5日 グレゴリー・バーンズ「犬も人間と同じ」 という記事が現代ビジネスに掲載されました。

犬の脳の研究に関してですが、記事の始めにこのように書いてあります。
「この2年間、私は同僚とともに、完全に起きたままの犬を何の拘束もしない状態でMRIスキャナーに入れる訓練をしてきた。その目標は犬の脳の働きを解明すること、そしてさらに重要なのは、犬がわれわれ人間のことをどう考えているかを解明することだ。
12頭の犬を訓練しスキャナーにかけた今、私の避けがたい結論は、「犬も人間と同じ」ということに尽きる。」

また、こうも書かれています。
「いずれにせよ動物研究というのは、めっぽう領域が広い。だから、答えを出すのは不可能ということで、動物の感覚性や感情に関する質問を避けるのは、今まではとくに難しいことではなかった。」

実際に犬を飼ってみると、犬はちゃんと考えていたり感じていたりするようだ、と思う人は多いと思います。
それでいながら普通の飼い主さんですら犬に理不尽なことをしたりしています。
トレーナーさんでは犬を力ずくで訓練したりする方法をとる方もいるようですが、
犬に人と同じ感情があるとしたら、犬は力ずくで自分を訓練する人間をどう思うのでしょうか。

今後もこのような研究が進めば、動物の気持ちを汲んであげようと思う人も増え、
動物福祉が向上するのではないでしょうか。




DSCF9681.jpg
2014年 1月9日 里山




さて、そうなると自分の家の犬はどうだろうか?

私は日々一緒に暮らし観察している風には、ちゃんと感情があるし考える力もあると感覚的に感じています。

すでに空は軽い認知症を患っていますが、元気だったときのことを思い起こせば、

やはりちゃんと感情も考える能力も備わっていました。

自分の犬に感覚性や感情があると認められたら・・・

それまで犬を尊重できなかった人も、人を尊重するように犬も尊重することができるはずだと思うのです。

私は上記のような研究発表がなされる5年前からEggiさんのブログを読み、

犬を犬として尊重する、ということに共感し、私の中で揺るぎない考え方になりました。

また、犬を犬として尊重することは、犬に対する感情でもあり感覚でもあります。




DSCF9682.jpg
2014年 1月9日 里山 <じゅずだま> 花言葉「祈り」「恩恵」「成し遂げられる思い」




ハングアウトカウンセリングを始めてから、Eggiさんにどれだけの技術を教えてもらったのだろうかと、

このブログを読まれている方は思われるかもしれませんが、具体的な技術はそれほどたくさんではありませんでした。

・・・実際の様子を見ていただけるのは動画に撮ったものを送るか(なかなか撮れない)、

ハングアウトのときに偶然起きたできごとを音声で見て頂く(カメラの移動が難しい)しかなかったので、

あとはメールの相談・報告になったため。・・・

それよりも私が教えてもらった一番大切なことは、【続★おしゃべりワンコの物思い】の巻頭に書いてある通りの、

「愛犬との真の絆を強める方法」と「飼い主さんだけが成しえる"任務"の遂行」についてでした。




犬の問題行動に悩む方は少なくないと思いますが、

自分の犬を犬として尊重して真の絆を築く方法をまずは考え実行することのほうが、

問題行動を直すピンポイントのトレーニングをするよりも、実は遠回りでも得られるものは数倍多いと感じています。

感じています、と書いたのは私は風に強制的なトレーニングをしたことがないので、

そのあたりのことはよくわからないからです。

でも、少し強い語気で話すだけでも風は警戒する様子を見せるので、たぶん強制トレーニングをしたら、

それ一回だけで信頼はぐずぐずに崩れてしまうと予想がつきます。

努力は必要ですが、緩やかに時には劇的に変化していく風の様子は、

犬と暮らす喜びや楽しみが奥深いものに変わっていくものでした。




DSCF9683.jpg
2014年 1月9日 里山





2012年10月22日撮影した動画をアップします。

このころは風が吠えるとわかっているときは、予めカーテンを閉めスイッチが入る前に呼んでいました。

呼べばこちらに来るのでご褒美をあげて吠えずに済んでいました。

けれどもこの動画は、あえてカーテンも引かず呼び戻しもしないで放っておいた状態です。

家族が出かけるときに、ここまで激しく吠えたのは久しぶりでした。

「このままでは"呼べば来るけど吠えないといい子"を覚えてくれそうにないな~、どうしたらいいんだろう?」

と時に考え込む日もありました。


[広告] VPS

2012年 10月22日 撮影

最近は、家族が出かける支度を始めると、自分から私のところに来るようになっています。

吠えない日がほとんどですが、家族が出かけるまでに時間がなく慌てているときなどは、

風のテンションも上がってしまい一声二声吠えてしまうこともあります。

こういうときは「ついて~♪あっちに行こう」と他の部屋に連れていったり、

風から家族が見えなくなる食器棚の陰に連れていって、話かけながらオヤツをあげたりすることで、

吠えることを防いでいます。

カーテンを閉める、他の部屋に避難する等、その時々の事態に臨機応変に対応して、

"風に吠えさせない"ということに気をつけていることで、風の興奮を引き起こさせないように気をつけています。





スポンサーサイト


コメント

  1. Eggi | URL | -

    今やっと(笑)、ライ麦さんの伝えたい想いが力作となって迸り出たようでねすねェ〜v-238
    ライ麦さんの心の中心には、私の想いと似たような軸が、元々からあったのですv-237
    2007年に、始めてコメントを頂いた日から、すでに「この人はちょっと違う」と感じていました(爆)
    そして、ライ麦さんのブログ記事のあっちこっちに、"似たもの同士の感覚"を揺さぶる"何か"が垣間見えましたから、時期が熟す切っ掛けさえ掴めば、いつか独り立ちして、ワンコさんの正義の為に活躍してくださる同志となる方だとも信じていました。

    長年に及ぶ精神衛生の不摂生から、すっかり体調を崩してしまい、本当に無理の効かない身体になってしまいましたから、ブロガー生活現役だった頃のように、日本時間に合わせて午前3時に起きて記事をアップ、8時過ぎから、普通のウイーンでの用足し、午後から、明日の記事の下準備(写真の整理とグラフや絵を描くなどなど)と記事の下書き…etc.は適いませんので、書きたい思いがあっても、なかなか実現しません…(汗)
    日課のお散歩の途中で見かける、可哀想なワンコさんたちのお話もしたいと思うのですが
    写真がない…、帰宅したらドッと疲れが出てしまって、それぞれのシーンのお絵かきすらままなりませんので、何だか味気ない記事になってしまいそうで怖かったり…(爆)
    今日のライ麦さんの力作を読んで、さて、私もそろそろ何かを書こうかしらって、やっと本気になりだしそうな気配がします…。
    でも、まだ気配だけねェ〜v-8

  2. ライ麦 | URL | 2j50GQ9.

    Re:Eggiさん

    お返事遅くなりました。
    いろいろ所用でブログから離れていましたが、頂いたコメントの日付を見てびっくりです。
    もうこんなに日が経っているとは~!!
    いつもながら失礼しました。

    私は、犬に何かさせたい、とか、犬をどうにかしたいという考えがなく、「家族の一員である犬」という思いでした。
    ですから、ある意味Eggiさんやルーガスさんの言っていることを、すんなり納得できたのだろうと思うのです。
    自分にとって犬が癒しの対象でもありませんでしたし、趣味の対象でもない、ましてや依存の対象でもありませんでした。
    この世に生を受けた同じ生き物、生きとし生ける物、とまで言ったら大仰な物言いになってしまいますが、
    それは犬も人間も、ひらひらと舞う蝶も茶ノ木の間を這う蛇も、差はあれど同じ生き物だという感覚です。

    "感覚"というものは言葉で説明しても、同じ感性を持っていないとなかなか伝わらないものではあると思います。
    でも、平和にお互いに幸せでいられるために、
    専門的な犬の勉強や難しい理論を覚えなくても、穏やかな環境とできるだけ決まった時間に行くお散歩が大切なことや、
    犬が嫌がることをしないなどの犬の習性についての正しい知識。
    そんな実はそう難しくない、でも果たすべき飼い主の義務のことをブログで書いていきたいと思っています。
    ・・・義務なんて書くと、拒否反応を起こす方もいるかもしれませんが、義務は義務だな~と思っています。

    Eggiさんのブログ、気長~にお待ちしています(*˘︶˘*)•*¨*•.¸¸♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sorafuuto.blog97.fc2.com/tb.php/768-1f02d586
この記事へのトラックバック


最新記事