--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風のリハビリ ~クレートの練習 その後4~ 38

2014年04月01日 18:28


<Eggiさんの言葉をブログに載せることは、Eggiさんから了承を得ています。>

去年の12月のことですが、リラックスの練習について、チャットでEggiさんが書いてくれた言葉です。

「リラックス法ですが、倫理が伴っていないと、同じ行動のように見えても、

ワンコさんに足の間に入ることを強制したり、"リラックス"を強行したりする結果になって、最後には失敗してしまいます。

ですから、時期が熟していることが大切になってくるのです。」

「そして実際に、技術を習得した飼い主さんも、この箇所で失敗があると、

後になってからワンコさんとの感情の亀裂が表面に出てくるので、長い目で見たら失敗という事態にもなってしまうのです。」


リラックスの練習に限らず、日常においても信頼を裏切らないことは大切ですね。

信頼がなければ、犬は自ら飼い主の所に来てリラックスなどできません。

「おいで」と呼んで、リラックスしようね~では、犬に強要してしまっていることになるのです。

興奮してしまうような場面でも、犬自らが飼い主の元に来てリラックスをすることが大事なのですね。

そのためには、やはり犬が飼い主に信頼を持っていなければできないことなのです。



DSCF0156.jpg



クレートの練習は部屋の中での練習が長引いて、もう諦めたほうがいいかも、なんて思う日もありましたが、

目的を考えるとどうしても諦めることができませんでした(笑)

だって・・・近所のお散歩だけでもいいと言えばいいのでしょうけれど、

自然の中でのお散歩は、風が感じる車に乗るストレスと日常で抱えるストレスを足しても、

それらを充分搔き消してくれるだけの価値のあるお散歩となっているからです。



DSCF0168.jpg



クレートの練習⑤を長い間続けましたが、何時まで経っても、一向に風はクレートに入ろうとはしませんでした。

Eggiさんから焦らないようにと言われていましたし、

風の性格がわかっているので私も入りなさいとか無理に入れるとかは一切しませんでした。

でも、ときどき、そんな風の様子にもどかしさを感じて、オヤツを中心より奥に入れたりもしました。

奥に入れても風はちゃんと食べるんですよ、動画のように後ろ足を外に出したまま身体をう~んと伸ばしてですがww



DSCF0166.jpg



練習を始めてから、4か月くらいたった辺りでしょうか、

EggiさんからDixieちゃんのハウスの話を聞いた(おしゃべりワンコブログにも書かかれていたことを覚えていました)私は、

風も屋根が外れていたら、もしかしたら奥まで入るかもしれないと、

非常に淡い希望を持って新しいクレートを用意してみました。

そのクレートに上からオヤツをポトッと落として風が食べる様を、Eggiさんに見て頂くことができたのですが・・・

その様子は3月17日にEggiさんがコメントで書いてくれた通りです(笑)

で、クレートは元に戻したほうがいいだろうというEggiさんの提案で、動画に出てくるクレートに戻しました。



DSCF0157_2014040118164846a.jpg



このようにクレートを代えたりもしましたが、練習は風を急かすことなく続けていました。

しかし、いつまで経っても変わらぬ風を見て、

たぶんこれ以上クレートの練習をしても風が自ら入ることはないだろう、

でも、入りはしないけれど、むしろクレートに対しては嫌なイメージを持たずにいるだろうと思った私は、

Eggiさんに話を聞きたくなり年明けに約束をしてもらいました。



DSCF0160.jpg



Eggiさんが伝える"犬を尊重する"ということは、そんなに難しいことでも面倒くさいことでもありません。

神がかり的なことでも宗教じみていることでもありません。

自然の中の異種同士では、ごく普通なお付き合いのマナーなんですね。

考えてみると、むしろ動物の中でも人間だけがちょっと変わった動物になった・・・のだと思うんですよ。

そして、大昔、その人間の側にいることを選んだ犬も、

自然界の中では少し変わった存在の動物のようにも思えるのです(笑)







スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sorafuuto.blog97.fc2.com/tb.php/779-863436eb
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。