風のリハビリ~クレートの練習 その後2~36

2014年03月26日 16:18


クレートの練習は、きっと今までで一番難しい練習になるだろうな、というのが私の予想でした。

というのも、風は狭い所に入ったこともありませんし、

炬燵の中や人のトイレのような狭いところに一人では入らない子(入ったところを見たことがない)だからです。

・・・(トイレには私となら入るのですがww)

けれども、風が車に乗ることを少しでも楽に感じられるようになれればいいという思いから、

諦めずに練習していこうと思いました。



車の苦手な風を、わざわざ車に乗せて山の公園に行く必要はあるのですか?と問われたら、

私は即座に"あります"と答えるでしょう。

それは山の公園で見せてくれる風の態度や顔つきから判断していることなのですが、

山の公園では、風は家にいるときや近所を散歩するときよりも数段落ち着いて匂い嗅ぎをしたり、

ストレスサインを出すことも無く散歩をしているのです。

そして、私自信も、風の楽しげな様子や山の自然を存分に楽しむことができ、

ストレス解消になっていることは大事なことだと思っていることだからです。

(このことは、いつだったか覚えていませんが、前にもブログのどこかにに書いた記憶があります。)




だって、ほら、お山の公園はこんなに素敵なんです!

DSCF0126_20140326151325f39.jpg



車に乗るストレスと車や自転車が通る道を歩くストレスを天秤にかけて、

風の飼い主としては、日に一度車に乗り山の公園でのびのびすることを選びました。

(トイレ散歩や午後のお散歩は近所のお散歩で済ませています。)

そして、欲をいえば、いずれ風を連れて、いろいろなところに出かけて行きたいと思ってもいます。



"飼い主として(自分のワンコにとって良い方を)選べる"という気持ち、

また、それについて"揺らがない"ようになったということは、私の大きな進歩です(^-^)v



DSCF0137.jpg
ケサランパサラン! ではありませんでした(残念)
白いほわほわの下に何か種が付いていて、大きさは直径6cm位ありましたよ。



以下は、去年の7月にEggiさんが立ててくれた、風のクレート練習のプランです。

〈 クレートの練習 〉
3~6か月かけて進めます。

①クレートの中に入れる敷物から慣れの練習。
 敷物の上で遊ぶ
 オヤツを食べる等

②敷物をクレートの入り口の前に置く
 クレートの入り口の前の敷物の上で、遊んだりオヤツを食べたり。

③敷物を徐々にクレートの中に入れる。

④敷物のクレートの中の部分にオヤツを置く。
 置いたオヤツは風に取らせる。

⑤敷物全部をクレートの中に入れてオヤツは中心に置く。
 置いたオヤツは風に取らせる。

⑥風がクレートは自分の部屋と納得してから車に乗せる。




このとき私は⑤までは風は出来るだろうと思いましたが、

身体全部をクレートに入れられないかもしれないと考えていました。


[広告] VPS

2013年10月の動画です。

なんというか・・・予想通りの日々が続きましたWW



余談ですが、このことは、Eggiさんに聞いたことはありませんし何も仰っていませんが、

風のことをよく知るEggiさんは、このプランを立ててくれたときに、

もしかしたら私と同じような予想や、当然それ以上の予想もしていたかもしれないな~と今になって思っています。

というか、いつもEggiさんは、何が起きるかわからないワンコと飼い主のことですが、

次に起きたことに柔軟に対応してくれていると思いました。

(あ~上手く書けませんが・・・伝わるかな?)

こうしなさいと決めつけていないのですね。




DSCF0140.jpg
いよいよこの辺りの春本番が近いようです。
こぶしの花が咲き始めました。





スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sorafuuto.blog97.fc2.com/tb.php/780-bcfadd65
    この記事へのトラックバック


    最新記事