--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風のリハビリ ~クレートの練習 その後7~ 41

2014年04月23日 02:47


_Y9A36211.jpg
2014年 4月7日 ムーミンパパ撮影



ハングアウトでEggiさんに自分と風の状態を話していると、

Eggiさんはいつも私の納得いく方法を提示してくれます。

具体的な方法や考え方、Eggiさんの独自のアイデアであったり、

おぉ凄い~と思わず感心したりすることも多々ありますし、

たまには私の予想したことと近いような時もあるのです。



DSCF0237_20140423022700756.jpg
あけびの花



ですので、前の記事の私の考えを、いきなりEggiさんに伝えることはしませんでした。

それに車にクレートを入れることは最終的な方法だと思っていましたし、

「無理やり風を入れるということと同じ?」という疑問があったからです。

話をしているうちにきっとこの疑問も晴れるだろうとも思っていました。



DSCF0216.jpg
公園の整備中の場所に、何やら置いてありました。
どうやらテーブルとイスのようです。



クレートの話については、風がクレートに入らない、というところから始まったように記憶しています。

そして、Eggiさんが提案してくれた新たな練習方法について話を聞きました。


まずは風に見られないようにクレートの場所を変えることから始めます。

ワンコは場所が変わると同じものでも別なものになるのだそうです。

新たな場所で風がクレートに入る練習です。

クレートを置く場所は風がリラックスできる場所。



小皿に置いたオヤツを少しづつクレートの奥に移動していく方法。

私の手に美味しいペーストを塗り、風をクレート内に誘導する方法。

★練習は焦らずにきっぱりとした気持ちで臨むこと。

等々の練習についての話に続き、



次に風に見られないように車にセッティングします。



DSCF0230_201404230226589b5.jpg
公園が綺麗に整備される前に、ゴミがたくさん捨てられていた場所です。
ゴミの上にかけられた土が雨に流され、土の中からビニールや錆びた缶などが顔を覗かせています。



!!!

私はびっくりマークそのものが頭の中を飛びかいました。

それは「車にセッティングする」と、この時にEggiさんの口から聞くとは思っていなかったからです。

そして、やっぱり準備というものが大切なんだと思ったのでした。

Eggiさんは、私のようにいきなり車にクレートを乗せたりする考えかたをしない。

時間をかけてじっくりゆっくり風をクレートに慣らすことを第一に考えている。



これってやっぱりワンコ尊重の精神だよね~と改めて感心と反省をしたのでした。




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sorafuuto.blog97.fc2.com/tb.php/787-990eed8e
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。