--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとだけ葬儀の様子

2014年08月08日 10:41


時間が過ぎるのが早いです、もう、二七日(この辺りでは2週間目を、ふたなのか、といいます。)が過ぎました。


空がいなくなっても、風の様子が変わったようなところは見受けられません。
風は、空が後ろ足を痛めたときに痛くて吠えると、聞きなれない空の声が怖いのか嫌なのか、
初めのうちは人に助けを求めていましたが、だんだんに自分には何でもないこと、ということがわかったらしく、
その場を立ち去って離れたところに行くようになっていました。
でも、私が空にご飯をあげたりしていると、側に寄ってきておこぼれを頂戴たりしてました(笑)

風は寝ている空の側に寝るようなことはしなかったけど、時々何を思ってか、くんくん空の匂いを嗅いだりしていました。
このころの風の様子をEggiさんに伝えると、
風ちゃんは何を思っているのか聞いてみたいですねと返事を頂きましたが、
私も本当に空と風の気持ちを聞いてみたいものだと思っていました。

空が地上勤務を終えて何日目かの、まだ薄暗い朝のことでした。
空が歩く爪の音が聞こえて薄らと目が覚めました。
「あぁ空君が歩いている、水でも飲みにきたんだろうか、また、歩けるようになってよかったな~。」とおぼろげに思いました。
夢、はたまた幻聴なのか、嬉しくて悲しかったです。



亡くなる前には私の母や妹、娘夫婦と孫が空のお見舞いに来てくれました。
偶然甥っ子夫婦とその娘ちゃんも来て空と会ってくれました。
23日夜には息子の友達や、義兄と甥っ子、24日には義姉と息子の友達が空とお別れに来てくれました。
こんなに沢山の二本足さんたちが空に会いにきてくれて、やっぱり空は幸せなワンコです。



動物霊園にて。


IMG_2167.jpg
とても安らかな顔でした。
こうして見ると、空が小さく見えますが、元気なときは11kgの大きめな柴犬でした。



IMG_2170.jpg
家族の写真と花とおやつに囲まれて。
おもちゃを忘れてしまってごめんねと空に謝りました。



IMG_2177.jpg
係りの方がとても親切にしてくださいました。
絶妙なユーモアのある会話で、ともすれば悲しみにくれてしまうところですが、悲しくもしっかりと見送れました。




一日早く逝った義母よりも、空のほうが早い葬儀となりました。
慌しさに我を忘れてしまったような数日でした。




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sorafuuto.blog97.fc2.com/tb.php/801-f4e9d118
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。