風のリハビリ ~ハーネスの練習 完結編~ 55

2015年03月22日 19:06


お散歩のときハーネスを着ける様子です。

自分でカメラを持っていたのでハーネスを上手に着けてあげられませんでした(;^_^A、

でも、見てもらいたいところは、ハーネスを着ける練習をし始めた2013年2月とは、

風の態度が全くと言っていいほど違うところです。

そして、部屋にいる風を呼ぶと、こんな様子で部屋から出てくるようになりました。

「風のリハビリ~信頼関係を育むって?ハーネスの練習~8」に書いた目的をほぼ達成できました。



[広告] VPS




風が部屋kら出てくるのを待たずとも、「お散歩行こう~♪」と呼ぶと結構喜んで来てくれるようになりました。

ハーネスの練習を始めた頃の記事のリンクを下に張りました。



風のリハビリ~信頼関係を育むって?~7



風のリハビリ~信頼関係を育むって?ハーネスの練習~8



風のリハビリ~信頼関係を育むって?ハーネスの練習~9



風のリハビリ~天岩戸から風自ら出てきたのだ~17




以前のEggiさんから頂いたメールの抜粋です。
どの記事だったか覚えていないのですが、多分この部分を載せるのは2度目かと思います。
(メールからの抜粋はEggiさんに了承を得ています。)

「私はワンコさんといるときは、常に気持ちのコントロールをしています。

人の気持がワンコさんに与える影響が大きいのを知っていますし、ワンコさんたちは、常に自分で学習をしているとも知っているからです。

特に人が無意識にしてしまうことに、ワンコさんたちは、とても強く影響されてしまいます。
無意識の行動は、反動作用とも言い換えられる程、すっかりパターン化されているので、特定の事柄には常に付きまといますから、ワンコの学習理論にピッタリと叶って、完璧なお勉強が出来てしまうのでしょう。

ですから、自分の中にある、何かの存在を感じたら、頑なに否定しないで、それが存在する事を認めることが大切なのだと思うのです。
特に、悩めるワンコさんの飼い主さんには、ワンコのリハビリへの、大切な第一歩にあたるのだと思うのです。

私の中にも、それはそれは沢山の"どうしようもない物"が巣くっていますけれど、その物の存在を認めていますから、愛するワンコのためならば、ちゃんとコントロールできています。
腹の虫の居所が悪い時は、ベターハーフの主人には、"安心して"当たっちゃう事はありましたが、ワンコには、いつも公平、平静が保てます。
だって、主人には"言い訳"が効くけれども、犬族のワンコには通じないですし、そんなのは無責任で大人げないですものものね」



このメールを頂いたときには、このときの私なりに理解していました。

でも、読み返してみると、あの時には漠然と理解していたことも、今はハッキリとしていることに気がつきました。

そして、「私も結構成長したもんだわ~」なんて思ってしまったのです(笑)



スポンサーサイト


コメント

  1. Eggi | URL | 0QRAG67Q

    ライ麦さん、昨日は、アイフォンから訪問して記事を読んだだけでしたが(笑)、今朝は、リンクも読んできました。
    風ちゃんの嬉しい変化が、とてもよく分かりました。先日のハングアウトは、まる一年ぶりだったのねェ〜。おしゃべりしている間中(3〜4時間後に風ちゃんがお腹をすかして催促するまで^・^)風ちゃんは、一度も吠えませんでしたから、後になって、改めてビックリしたことでしたァ。
    初めてのハングアウトの時は、実を言うと、"風ちゃんの吠え"には驚いてしまったのです(笑)。
    風ちゃんの吠えに関しては、ある程度の情報をもらっていましたが、アレホド(爆)だとは思っていなかったので、ライ麦さんやご家族の"精神的苦労"を慮ったことでした(笑)。
    あの日から、何度かハングアウトでおしゃべりをして、その度に、風ちゃんの吠えが減っていって、特に、"吠え声の質"が変ったことには嬉しい驚きがありました。
    ウイーンの生徒さんや、相談(初めのころだけですが)をしていらした"日本語の通じる方々"へも、同じように接してきたつもりですが、受け取る側の"受け入れ態勢"というか、"頭の中の地図"が違うと、まったく違う解釈になってしまっていたり、意味が伝わっていないことが判明したりで、自己嫌悪に陥ったり、がっかりすることが多かったのです。
    ある、おしゃべりワンコブログの読者さんが、「日本では実行するのは難しいだろう」と予言されたことがあったのですが、今思うと、まさにその予言通りのようでした(笑)。
    ですから、ライ麦さんと風ちゃんの関係が、ネット相談だけで、ここまでの変化が得られたことで、少数(15〜20%)のHSP(高感度人間)の飼い主さんになら、しっかりと想いが通じて、後からでも、ワンコさんたちとの健全な信頼関係が築けるし、ワンコさんの持つ"トラブル"も減少して、同じ飼い主さんの元でも、幸せなワンコ人生が送れるようになると、ますます自説に自信が出てきました。ありがとうございます。
    ワンコさんは元より、ハッピーブルー精神に問題があるのではなく、ワンコさんたちのトラブルの原因は、根本的に、人間側にあるということを実証していただいたように感じて、とても感謝しています。
    新時代に適う(爆)、ワンコ尊重を唱えるトレーナーの数は増えましたが、上箱の飾りつけは立派なのに、中身が伴わない同僚たちの数も増えましたしね。
    そんな現実についていけなくって、現場から引退した私は、すっかり疲れてしまったので、もう公には何もできませんが、ワンコさんたちの立場にたった、本物のワンコ尊重精神が広まっていってほしいです。
    今はまだ時期が熟していなさそうなので、今後の50年、100年に期待しましょう〜v-8

  2. ライ麦 | URL | 2j50GQ9.

    Re:Eggiさん

    コメントありがとうございました。
    今日、更新した記事にてお返事とさせていただきました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sorafuuto.blog97.fc2.com/tb.php/830-bb66eb38
この記事へのトラックバック


最新記事