--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風のリハビリ ~前記事に頂いたEggiさんへのお返事~ 56

2015年04月07日 12:47



DSCF1749.jpg
2015年 4月6日



風は本当に変わりましたよね

ABCの輪が繋がったんだな~という嬉しい思いでいっぱいになります。

まだ、アルファベットが見えづらいところがあるとしたら、何かな~?

・・・抜け落ちていたそれぞれのアルファベットは、今でも完璧に姿を現していませんが、

完璧に見えないことは今の私にはあまり大きな問題では無くなっているように感じています。



_E2A2206.jpg
2015年 4月1日 大鹿村にて  ムーミンパパ撮影



風の吠えは、何も犬のことを知らない私が、無謀にも保護犬を預かった見返りのようなものかもしれないと思います。

保護犬を預かっていたときは、本当にワンコのことを何も知りませんでした。

それ故、風のことを後回しにしてきたツケが、私にではなく風の吠え(穏やかでいることができないワンコ)に繋がってしまっていました。

風のリハビリはもう待てないところまできてしまっていると感じた私は、

預かりを始めてちょうど一年が経ったところで保護犬が里親さんの元に行ったことを区切りに、預かりを止めることに決めました。

このとき、風のリハビリは何年かけても達成させてあげたいと心に決めたのです。

なにせEggiさんが驚かれるほどの吠え吠え風ちゃんでしたものね(笑)



_E2A2211.jpg
2015年 4月1日 安曇野にて ムーミンパパ撮影



Eggiさんがブログにも書かれている"人間側が変わる"という考えを受け入れることは、私にとってはそれほど難しくありませんでした。

けれども、いざ自分を変えようとすると、それはなかなか難しいことでした。

第一、自分の何が問題なのかがよくわからなかったし、奥深く潜在しているものはそう簡単に発見もできませんでした。

そして、ワンコに対する自分の考え方、接し方、精神的な安定やら、

あまりにも突き詰めすぎてしまえば、なんだか苦行をしているようにもなりそうでしたし、神がかり的な域なのかと危ぶんでしまいそうでした。



DSCF1783.jpg
2015年 4月6日 



何度も何度も同じことや疑問をEggiさんに聞いてみたり、言われたり。

自信を持っていいことも何度も言われましたね。

それなのに、なかなか背骨をすくっと立てて対応ができないことも多かったです。

でも、時間が経つにつれ、風の態度から「あぁ、私は自信を持っていいのだ。」と感じることができたのです。

Eggiさんの励ましと風が、私に教えてくれました。



実際に今の風と私でEggiさんにレッスンをお願いしたら、あれっ?と思われてしまうこともあるのじゃないかと思いますが、

とにかく風の吠えが凄く少なくなったことや、風の顔つきや動きが穏やかになったことも、

風が自分で考えて選択する態度が見えたりとかなりの面で変わったことは確かです。

そして、私も。

風と私のリハビリは、いつか"リハビリ"という言葉ではなくなるときが来るかもしれません。

でも、風がいる限り、風の身振り素振りをいつもよく見てあげたいと思っています。

そして、言葉を持たない風との非言語コミュニケーションは、私の生活の楽しみにもなっているんです。



DSCF1790.jpg
2015年 4月6日



そうそう、グレゴリー・バーンズ著「犬の気持ちを科学する」を買いました。

面白そうです。

まだ、まだ、Eggiさんにはお聞きいたいことが沢山あります。

またか、というようなことがあっても、どうかよろしくお願いします。

では、また、ご連絡します。



DSCF1763.jpg
2015年 4月6日


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sorafuuto.blog97.fc2.com/tb.php/832-239e0083
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。