--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィーンへ

2015年11月07日 14:54



今年の夏、念願だったウィーン旅行に行くことを決めました。
私を取り巻くさまざまな環境が、"行くなら今"と決め手となったからです。

留守にするにあたり、風は実家の妹夫婦と母に世話を頼むことにしました。
出かける前、実家には慣れているとはいえ長丁場に備え、いつもより少し頻繁に実家に行ってみたり、
Eggiさんのアドバイスで風の毛布や私の枕(匂いのついたものなら何でもいい)などを実家に持っていきました。

ウィーンに行く前にEggiさんから、
「ちょっとだけでも距離が離れるのは、お互いの存在を確かめ合う良い機会かもしれません。
風ちゃんは、きっと自立するだろうし、大好きなママとの再会で、ライ麦さんの存在をいい意味で再認識するだろうと思うのです。」
とメールをもらっていました。
さて、帰ってからの私と風はどうなるのか、楽しみの一つになりました。




10月2日(金)成田12:00発 モスクワ・シェレメチボ空港行き

快晴

_DSC0143 1
たぶんモンゴル辺りの上空



_DSC0148 1
シェレメチボ空港 到着は現地時間16時すぎでした トランジットのため2時間待ち 



_E2A7225 1
ウィーン・シュヴィアート空港 21時過ぎに到着。
空港からタクシーでホテルまで。
ホテルに着いたのは、ウィーン時間の夜の22時頃でした。
飛行機の中では熟睡していたにも関わらず、朝までまたまた快眠できました。
自分のことながら信じられないタフさ加減でした。



10月3日(土)

おかげで目覚めのよいウィーン第一日目の朝を迎えることができました。

_DSC0159 1
ホテルを出ると、まずワンコさんの朝散歩に出会いました。
ワンコさん、オシッコ中です。
そしてノーリード(後ろから見たのでマズルをつけているかどうかは不明)。
前を歩く買い物袋を下げた男性が飼い主さんです。
思わず、ほくほくの笑顔になってしまった私です。



発つ前の計画通り、朝、Eggiさんがホテルまで迎えにきてくれて、
毎週土曜日にナッシュマルクトで開かれる蚤の市に出かけました。
でも、時間が約束の時間より急遽早まったので、Eggiさんには初日からご迷惑をかけてしまいました。

なんていうか、どんな出会いだろうとそれなりに想像したりしていましたが、
あれ?っと拍子抜けするくらい、二人とも「あ~お久しぶり~」みたいな雰囲気で並んで歩き始めました。
えっとえっと・・・ま、いっか~と私の中ではやや戸惑いもありましたが、とにかく歩き始めたのでした。
そんな出会いでした。



_DSC0161 1
とにかくいろいろな物が売っていました。
骨董品が主でしたが、中には洋服や靴があったりしました。
日本のフリーマーケットのような雰囲気でしたが、
並んでいる品物が古いものがほとんどで面白いこと!



_DSC0163 1
おとなしくお店番をしているワンコさん。



_DSC0166 1
「ぼく~ここにいます。って言ってるみたいね。」って、Eggiさんが見つけたワンコさん。
古い時代の物のようで中身はおが屑でした。
値段を聞いてもらったら€50もしてビックリ。
可愛かったのですが諦めました。



_DSC0168 1
ドアノブを売っている店。
お店の人に説明をしてもらっているEggiさん。



_DSC0175 1
古いブロンズのワンコさん。



_DSC0176 1
蚤の市の会場にもワンコさんがいました。
「あっポメちゃん」と思わずシャッターを切りましたが、写ったのは尻尾だけでした。



_DSC0179 1
どっしりとしたフラット君、飼い主さんもどっしりとしたお方でした。



_E2A7289 1
なにやら飼い主さんは夢中で見ていて、手を伸ばしたらフラット君は首を釣られてしまっていました。
苦しそ~可愛そうなんだけど~
・・・それでも文句も言わないで、偉いね~と心の中で思いつつ見ていました。



_DSC0188 1
駐車した車の間から道路を横断する飼い主さんと黒ラブさん。



_DSC0183 1
オットー・ヴァーグナー設計  左 マヨリカハウス  右 メダイヨン・マンション




_DSC0180 1
写真に撮らなかったワンコさんも含め、この短時間に出会ったワンコさんたちは、
みんなおとなしく飼い主さんのあとを付いて蚤の市の会場を歩いたり、
飼い主さんが見ているのを待っていたりしていました。
勿論こういうところに来ても問題のない子を連れてきているのでしょうけど、みんな静かでいい子ばかりでした。
・・・我慢している子も中にはいたと思いますが。



このあと蚤の市からナッシュマルクトとマーケットに、午後のたこ焼きパーティーで使う物を買いに行きました。



スポンサーサイト


コメント

  1. Eggi | URL | 0QRAG67Q

    懐かしい情景が記事になって、忘れていた記憶がよみがえってきました(爆)
    出会いは、あっさりしすぎていましたかァ〜(笑)
    だって、スカイプで、お顔を見ながら、何度もおしゃべりをしていたので、これが初体面という感じが、まったくしなかったのですもの〜
    現場から、完全引退をしてからは、ますます、"人間のあり方"の方に、興味がいってしまってて、ワンコさんの観察を怠けていたので(実は、ワンコさんの憂いを見るのが辛いから…)、ライ麦さんの目線の先には、必ずワンコさんがいて、真剣に"ドッグトレーナーの使命に燃えていた頃の"、自分を見たような気がしましたァ(笑)
    次の記事が、今から楽しみです〜v-238

  2. ライ麦 | URL | 2j50GQ9.

    Re:Eggiさん

    時間が経つのはなんて早いんだろうって、改めて思う今日この頃です。
    ウィーンにいたことが夢の中の出来事のように思えてしまいますが、間違いなくリアルEggiさんと歩いんたんですよね。
    私も初対面というイメージは持っていなかったんですけど、でも触れる距離にEggiさんがいたのは初めてだったからとっても奇妙な感じでしたよ(笑)
    日本で歩いていても、自分では気づかないうちにワンコさんを見ているんですよね、病気かしら?
    そのくらいワンコさんのことが気になってしかたないんですww
    写真や動画を見て懐かしがりながら少しづつになると思いますが続きをアップしていきます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sorafuuto.blog97.fc2.com/tb.php/851-6019b5ef
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。