--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3日(土)蚤の市~ナッシュマルクト

2015年11月11日 05:14


10月3日(土)つづき

蚤の市 ムーミンパパの写真を無断借用以下5枚

_E2A7270 1


_E2A7269 1


_E2A7274 1


_E2A7283 1


_E2A7286 1



蚤の市も面白いし、ワンコさんも気になるし、建物や人物も見たいしと、あっちを見たりこっちを見たり、
私の五感はとても忙しく働いていました。



既に、ここの飼い主さんと犬のペアの雰囲気が、私の周りのそれとは少し違う雰囲気であるようだと感じていたと記憶しています。
街の雰囲気のせいなのか、異国にいるために目や感覚にフィルターがかかってしまっているのか、それとも本当に何かが違うのか・・・



蚤の市ではさっそく息子へのお土産を買って、一通り見たところですぐ隣にあるナッシュマルクトへ移動。
ウィーンの旅番組でよく見かけるので、あ~ここ知ってる的な雰囲気で入っていきましたが、
やっぱりTVで感じる臨場感は実際にその場にいるのとは別ものですね。
とても活気があっていろいろな匂いが漂っていました。



_DSC0182 1
道路の向こう側を歩くワンコさん。飼い主さんは歩き携帯、前方とワンコさんに気をつけてくださいなと遠くから老婆心。
フレキシブルリードの人もときどき見かけました。



_DSC0191 1
お茶を飲む飼い主さんの足元で静かに寝ているワンコさん。
私の住んでいるところは都会からそう遠くない田舎ですが、
車で少し移動すればワンコ連れOK(テラス席が主ですが)のレストランやカフェもあります。
風を連れて行ったことは数えるほどですが、この子みたいに落ち着いてはいなかったけど案外いい子でいてくれました。



_DSC0193 1
チーズ、何チーズかわかりませんでしたが、買わずに通りすぎて後悔しました。



_DSC0195 1
見たこともないウインナーが沢山、ベーコンはわかりました(笑)



_E2A7300 1
このお店で乾燥デーツ・パパイヤ・イチジクを買いました。
砂糖などをまぶしたりせずそのまま乾燥したもので自然の味。
どれも美味しかったけどイチジクが特に気に入りました。



_E2A7308 1
お魚屋さん。Eggiさんが午後のたこ焼きパーティー用のタコを買いました。



_E2A7311 1
八百屋さん、ごぼうや里芋、一番手前の下から2段目は長芋(だと思います)なんかが売っていて驚きました。



そして、ナッシュマルクトから日本食のスーパーでお買い物、そしてオペラ座の前を通り過ぎシュテファン大聖堂を仰ぎ見て、
移動しながらEggiさんに説明してもらい、観光しながら大きなスーパーで野菜を買ってEggiさんのお宅に向かいました。
Eggiさんについていきながら、ウィーン市街のどこをどう歩いているのか皆目見当がつきませんでしたが、
自分の歩いた道をホテルに帰ってから地図で確認するのが楽しみだわと一人密かに思いました。

途中で見かけたワンコさんたち。
場所が場所だけに、皆さん長いリードを短く持っています。
その割には引っ張るワンコさんはいなかったけど、人に引っ張られ気味のワンコさんがたまに・・・

_DSC0200 1



_DSC0201 1



_DSC0202 1



_DSC0206 1



_DSC0213 1



_DSC0214 1



_DSC0215 1



_DSC0211 1
あっ、首吊っちゃってますよ、ワンコさんのこと見てあげて、と言いたい、と思いつつ写真を撮りました。



_DSC0218 1
飼い主さんのお買い物を待っているワンコさん。



_E2A7321 1
スーパーの入り口に貼ってあったポスター 「私達は外で待ちます」






_DSC0212 1
シュテファン大聖堂



_E2A7322 1
オペラ座の前



_E2A7326 1
歩くのが速いEggiさん



_E2A7330 1
ここはどこだろう?・・・わかりません(笑)



_E2A7346 1
アンカー時計



_E2A7360 1
記念撮影。午後はEggiさんのお宅でお友達ご家族とお友達のお嬢さんと一緒にたこ焼きパーティーでした。
皆さん英語も話せる方ばかりだったのですが、私達夫婦は英語も単語を並べるのが精一杯だったので、
Eggiさんの通訳に頼りっぱなしでした。
でも、言葉が通じなくても、皆さんのお心使いでとても楽しいひと時を過ごすことができました。

そうそう、後ろの本棚の上に飾ってあるスヌーピーは、Eggiさんのご主人様の手作りバースデーカードだそうです。
とっても上手にできていて可愛かったな~(^-^)
スヌーピーが大好きなEggiさんのために内緒で作って、誕生日の前の夜にテーブルに置いたというサプライズだったそうですよ♪



初日は物凄いてんこ盛りな一日で、あっという間に過ぎました。
ウィーンにいるという実感よりも興味のほうが先にたっていて、
自分はかなり興奮気味だなとホテルに戻って落ち着いたときに感じました。
ワンコは楽しすぎても興奮してストレスが溜まると聞いていますが人も同じですね。
でも、楽しい興奮ですから気分上々で、またまた熟睡でした。


スポンサーサイト


コメント

  1. Eggi | URL | 0QRAG67Q

    >場所が場所だけに、皆さん長いリードを短く持っています。
    >その割には引っ張るワンコさんはいなかったけど、
    >人に引っ張られ気味のワンコさんがたまに・・・
    この箇所を読んで、本当に大笑いでしたァ〜
    この情景も、私にとっては、目の上の大きなタンコブで、すっごく嫌なことのひとつなんですけれどねェ〜
    リードを張って、飼い主さんを引っ張っているワンコさんの方が、ある意味(ハーネスを使っているワンコさんならば)、見ていて楽しいです〜(爆)
    そんなワンコの飼い主さんたちは、ワンコの学習とかの理論に疎いだけで、それでも、何となく、ワンコさんへの愛情が感じらるでしょう〜(笑)
    首輪をつけて、リードを張って前を行くワンコさんと、ハーネスをつけて、飼い主さんを引いて歩くワンコさんの、身体の動きや表情の違いが、ライ麦さんになら、ちゃんと見えたことと思います。
    こればかりは、文字に書いても、動画に撮ってみても、伝わらない人には、いっこうに伝わらないという、とっても説明に難しい箇所なんです…
    ワンコさんを、自然なかたちで受け入れることができる飼い主さんならば、みんな幸せワンコさんになれるのよね。
    嘗ての、ウイーンの飼い主さんたちが、その典型でした。
    ワンコの理論は、何も知らないくせに、その愛情だけはたっぷりで、ビビと一緒に暮らし始めたころは、おおらかな、ウイーンのワンコさんたちの顔が、まるで、哲学者のように見えたものです(笑)
    チビワンだったビビの、ワンコ教育を施してくれたのは、お散歩時に出会う、ウイーンのワンコさんたちでしたし、私に、色々なことを教えてくれたのは、年配の飼い主さんたちでした(彼らの、愛犬への接し方を見ながら、感動した箇所を真似ただけですけれど…)
    あの当時の、先輩飼い主さんたちは、すでにこの世にいない人が多いのですが、彼らと一緒に、プラータの森(現在の様な、ドッグゾーンなどはありませんでしたから)を闊歩できたことは、とっても有意義だったと思います。
    ワンコの楽園ウイーンを、実際に経験できたのですのもねッi-80

  2. ライ麦 | URL | 2j50GQ9.

    Re:Eggiさん

    ウィーンの街を歩いていて初日から気が付いたことは、ワンコさんの声が聞こえないことでした。二日目も。初めて聞いたのは、たしか三日目か四日目、Eggiさんと歩いているときでした。
    その後日、もう一回。でも、それだけです。2回だけ。
    街なかにもあんなにワンコさんがいるのにワンコさんの声が聞こえなかったのは、今思っても不思議なくらいです。
    ワンコさんより先に歩いていっちゃう飼い主さんはいましたけど(笑)
    でも、こっちへ来いとか引っ張るわけではなくて、つい小さいワンコさんより早足で先にあるいちゃう飼い主さんという雰囲気でしたね。
    もちろん私の住んでいる田舎町でもワンコさんはたくさんいて、お散歩の時間帯には何頭ものワンコさんと出会います。
    吠える子はごくわずかですが、でも、ウィーンの街で見かけたような、穏やかに、まるで人と人がすれ違うように何気なくワンコさんとワンコさんがすれ違うことができるワンコさんばかりではありません。
    ウィーンで見たワンコさんたちは、飼い主さんと一緒に何気なくすれ違っているんですよね。
    もちろん挨拶する子たちもいましたけど、私が見た限りでは皆さん(飼い主さんもワンコさんも)上手でした。
    というよりもEggiさんが言うように自然なんですね。当たり前なの。
    でも、ちゃんと自分の子と相手のワンコさんに気を使っている飼い主さんも見ましたよ。
    何気なく自分達の行く方向を変えて、向こうから来る子と至近距離でのすれ違いを避けていた飼い主さんも見かけました。
    映像や言葉だけと、実際に見て感じることってこんなに違うんだと身をもって感じましたよ。
    それを言葉で説明するのは私にはとても難しいことですが、脳裏に強く焼き付けることができました。
    その証拠に風にも変化が現れています。
    ワンコさんと暮らす歴史も民族性も違うのですから同じようにはならないけれど、日本では日本にそった、そしてワンコさんが尊重される、人とワンコさんとの平和な暮らしが築かれていくことを祈る気持ちです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sorafuuto.blog97.fc2.com/tb.php/852-8afe3a91
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。